99%の人がすぐ諦める 114

営業部長とプレイヤーをこなしてきました

起業して15年。セラピストという肩書きをずっと背負ってきました。

この肩書きは、僕の1つではあります。

 

この肩書きを背負ってきていましたので、どうしても「お金を稼ぐ」という意識を持ちにくかったのは事実です。

経営の勉強をしてはいましたが、どちらかと言ったら人間学に重きをおいてきました。

 

心理学や宗教学の本の方が、圧倒的に多かったのです。

もちろん、ビジネスをしていく上で、人間学は大切なことです。

 

しかし、人間学を勉強していくと、ある言葉にどうしても支配されてしまいます。

「欲は悪いこと」

 

この言葉が耳に入ると、どうしても惑わされます。

自営業をしていくと、プレイヤーと営業部長を一緒にこなさなくてはいけません。

 

営業部長の1番の仕事は、集客(お金重視)です。

セラピストという仕事は、お金よりココロです。

 

養育費もないシングルマザーで、それでもセラピストをしていきたいという、女性の気持ちみたいなものだったかもしれません。

本当は優雅な気持ちで仕事をしたいのに、ガツガツ営業しなくては子供を養えない。そんな気持ちです。

 

そんな気持ちを起業して15年抱えてきました。

けっこう、そのジレンマは大きかったです。

 

親指を怪我する前から、リラクゼーションだけで家族を養う限界を感じていました

そしてこれは本当に本当に大きな出来事だったのが、2019年・年始に親指を怪我したことです。リラクゼーションとしての収入が、いきなりゼロになったのです。

 

幸い折れてはいませんでしたが、1ミリでも動かすと激痛が走り、とてもとてもお金を戴く仕事ができない状況でした。
今はもう完治しましたが、かなり追い詰められました。

 

それまでも、心のどこかで「リラクゼーションだけの収入では、いつかキツくなる」というのは、世の中の流れを見ていたので分かってはいました。

 

●SNS起業がどんどん増えて、「月5万〜10万の収入でいい」という主婦が増えました。限られたお客様が分散されていくようになりました。
10万程度なら、Facebookだけで十分集客できます。

僕のところより安くて、しかも応援したい友人。
施術終了後にはお茶を飲みながらお喋りができる。そりゃ僕だって友人のお店に移ります。

●近年、ジム・パーソナルトレーナー・ヨガ・ジョギング・登山・エアロビ等のエクササイズなどなど、身体を鍛える仕事がかなり増えました。

「疲れを取る」から「身体を鍛える」にシフトしている人が増えました。
これは悪いことではありませんが、僕の営業には少なからず影響しています。

 

娘も来年は中学生。どんどんお金もかかります。

ビジネスコンサルティングや、web作業の仕事。セミナー講師の仕事も徐々に増やしてはいました。

 

しかしやはり、リラクゼーションの仕事に依存してはおりました。

 

僕は良くも悪くも楽観的です。

親指を怪我するという、マッサージの仕事に致命的なことをしないと本気になれなかったのです。

 

ネットワークビジネスには、以前から興味はありました

勧誘方法は苦手なことが多かったのですが、ネットワークビジネスのスタイルは、ビジネスとして「全然アリ」でした。

 

でも、世間の目が気になっていたのは確かです。

ネットワークビジネス=マルチ商法=悪どいビジネス

という図式がはびこっているイメージが抜けきれません。

 

「セラピスト」という肩書きをしていると、更に手を出しにくいビジネスでした。

しかし、親指を怪我して収入がストップされるという事態になり、やっと危機を感じることができました。

 

99%の人はすぐ諦める。じゃあ1%の人間になればいいのか

僕はネットワークビジネスの勉強していません。

本を読んだら、基本的にはやはり「友人に声をかけろ」がメインだからです。

 

以前より更に本気でビジネスを勉強しています。

そこで良く出てくるキーワードがあります。

 

「99%の人はすぐ諦める」

 

僕はオンラインでドテラの集客をしているので、オンラインで集客して、数億円稼いでいる人たちをメインで学んでいます。

 

そこで全員と言っても過言ではありません。

「99%の人はすぐ諦める」

 

難しいノウハウなんていらないし、最初からできるわけがない。
少しやってつまずくと、99%の人はすぐ諦める。

99%の人は

「もっといいビジネスがあるのでは?」
「もっと楽して稼げるビジネスがあるのでは?」
と、すぐに投げ出す。

とにかく行動して継続する。継続しながら、どこがダメなのか修復する。
修復しながら改善して、また継続する。

どんなにやっても、全く成果が出ない時もある。
それは、市場が求めていることと、自分がしていることがマッチしていないから。その時は、きっぱり撤退する。

しかし99%の人は「どんなにやっても」のレベルが、光の速さくらいに早い。

 このような記述を読んで僕はプラスに考えました。

じゃあ、諦めない1%の人間になればいいのか!!
それだけか!!

 

人それぞれ、「どんなにやっても」の判断は違うかと思います。

 

もしビジネスで成功したいと思うのなら、「奇跡のリンゴ」を観て欲しいです。

 

実話に元ずく映画です。

ネットを観ると「あれは映画で盛っている」とかの暇人が批判しております。

 

しかし、盛っているとかが事実だとしても、それはどうでも良いのです。

 

「どんなに批判されても、諦めないでやってみよう!」という気持ちになった映画です。

 

まだ観ていない人がいると悪いので、内容は書きませんが、何となくは伝わるかと思います。

 

ここで学んだのは「簡単には諦めない」という気持ちです。

ビジネスに関わらず、何かしら「頑張ってみよう!」と思うことがありましたら、ぜひ観られると良いかと思います。

 

簡単に諦める人生では、何も得られない

僕自身、15年前に起業するまでの人生は、「簡単に諦める人生」を送ってきました。厳密に言いますと、18年前にマッサージ業に入るまでの人生です。

 

「簡単に諦める人生」では、本当に何も得ることができませんでした。

 

お金も、人間関係も、パートナーシップも、

「簡単に諦める人生」は、何も得られませんでした。

 

僕が提案するオンラインのドテラMLMビジネス。

「寝ないで頑張れ!」
「今は家庭をないがしろにしなさい!」
「自分で考えてやりなさい!」

なんてことは言いません(笑)

 

誇大広告になるので約束できません。

しかし、諦めないでコツコツやっていけば、南国の海が見えるホテルロビーで、パソコン打ちながら生活できる可能性があるビジネスです。

  

簡単に諦めないでコツコツやっていけば、何かしら見えて来ますよ。

世界で流通するドテラですし、アロマ市場は更に伸びていきます。

だから、それが言えます。

 

前向きに検討されたら、ご連絡くださいね!

↓こちらをクリックして、LINEからご連絡ください

友だち追加