治験のアルバイトを考えたことがあります。 118

開業当初は本当に苦労しました

エーザイ新薬治験で健康男性死亡

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000162-kyodonews-soci

これ痛ましいです。そして人ごとではないと感じました。

 

僕は開業当初、経営のことなど何も分からなかったので、とても苦労しました💦

 

電話を待てど待てど、全然なりはしません。

 

今は女子起業・SNS起業・アメブロ起業などなど、無料で簡単に集客できるツールがたくさん存在してますね。

大なり小なり、みんな起業家です。

 

15年前は、まだまだ起業するなんて大それたことだったのです。

 

コンサルティングなるものは、中小企業とかが受けるようなものでした。

集客セミナーみたいなものも全くありません。

 

本で勉強するにも、自宅兼店舗の僕に合う本がありません。

 

汗だくでチラシを撒いても、田舎で100枚ポスティングするには数時間。

1000枚撒いても1人くるくらい。

 

雇われていた時は、それなりに指名客がいました。

「まぁ安くして必死になればやれるだろう」と安易に考えていました。

 

最初だけ「開業おめでとう来店」みたいな感じで、友人がお客様になってくれました。それも2ヶ月目からはパッタリです。これはどのビジネスにも言えますが、友人を商売のあてにしてはいけませんね💦

 

毎月の住宅ローン・開業した時の借金・日々の生活費

うなされる日が続きました。

  

売り上げが苦しくて、配本のアルバイトを始めたら…

とにかく1000円でも2000円でも確実にお金が入ってもらわないとマズイ!

 

こんなにも暇なら、アルバイトでもしないといけないぞ!!

 

僕は配本のアルバイトを始めました。

時給1000円。ガソリン代は自分持ちなので、実質900円くらいかもしれません。

 

スーパーや美容室に置く、無料の情報誌や求人誌などを配るアルバイトを始めました。

 

アルバイトしている時間に限ってお問い合わせ・予約の電話が鳴るのです(^^;;

常連さんになっている人ならいいのですが、初めて電話して「今から空いてます?」なんて方。

その最初に断ってしまうと、次はない可能性が大なのです💦

 

僕は自分の腕に自信があったので、来てさえくれれば、かなりの確率でリピーターになってもらえる!

そう思っていました。

 

配本のアルバイトをして、本業である揉みほぐしのお客さまを断っている形になってしまいました。

このままでは配本アルバイトが専業になってしまう。

これは未来がない。と辞めることにしました。

  

治験のアルバイトをしようか…

それでもお金が苦しいことに変わりありません💦

 

その時に、治験のアルバイトを調べたのです。

 

きちんと記憶してはいませんが、2泊して5万円くらいだったような記憶です。

2日だけマッサージの仕事は休んで、そこで5万円稼げたら助かる。

しかも食事付き。更に助かる。

 

僕はその気で妻に相談したら、烈火のごとく反対されました。

 

「いやいや、君のためでもあるんだよ」と言ったのですが、

 

「お金がないなんてどうでもいいよ!家のローン払えなきゃ、2人でホームレスでもすればいい!健康でさえいれば、この日本なら、どうにでもなるんだよ!!」

 

と怒られました💦

 

薬は認可されたものでさえ、死亡してしまうこともある。

 

治験は、まだ世に出てない薬を人体実験すること。

 

滅多にあることではありませんが、この事件https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000162-kyodonews-sociを目にして、昔を思い出しました。

 

絶対にお金を稼がなくてはいけない状況

福島原発で処理作業員として働いている人も、仕方なくやっている人がいるかと思います。

 

僕も、あの時まだ経営が苦しかったら考えていたと思います。

 

これを読んで下さっているのが、男性か女性か分かりません。

 

家庭を持っている男性なら、理解できる人がいるかもしれません。

 

いや、女性でも「自分がお金を生み出さなくては、子供に食事をあげられない」という方もおりますね。

 

毎月購入会員募集してます

僕は開業当初の経験から、常に先手を打って焦らないようにしていたつもりです。

それでも、年始の怪我で焦るはめになりました(笑)

 

「親指折れていたら、いつ仕事が再開できるのだろう…」

開業当初も苦労しましたが、それ以上に「お先真っ暗感」を味わいました。

 

そして僕は、仕事の合間にネットをして、本業に差し支えないようにドテラのネットワークビジネスを始めました。

 

セミナーにも行かず、友人にアポを取ったりはしません。

以外にも、このブログを知人が読んでいますが、ご安心ください。僕からは声をかけません。

 

こうしてブログを書き、ひたすら待つというネットワークビジネス活動です。

 

「もしものための保険」みたいな気持ちでも、入会しておいた方が宜しいかと思います。

 

真剣にネット集客しなくても、毎月購入するだけでも、いつかお金が入ってくる可能性があります(お約束ではありません)

 

健康を手に入れ、お金が入るかもしれないドテラのネットワークビジネスは、とてもオススメします。

もちろん、コツコツとビジネスしたい人も、ふるって募集します!

 

最後に

治験でお亡くなりになられた本人。そしてご遺族様に、心からのお悔やみを申し上げます。

もしかしたら、僕も同じ道を辿ったかもしれなかったかと思うと、他人ごとではありませんでした。

■こちらも確認お願いします!■