ドテラで被害にあった 121

「被害にあった!」という記事を読むと、性格の傾向性が分かります

ドテラで被害にあったという匿名の投稿を沢山読みました。

僕はドテラのネットワークビジネスを進める上で、そこはやはり冷静に見る必要があると思うのです。

 

定期的にマイナス情報は耳に入れています。

たまに「マイナス情報は耳に入れない方がいい」

という言葉も聞きますが、僕はそうは思いません。

 

これはドテラに限りません。

 

旅行が好きなのですが(のわりに最近行けてない💦)

宿泊先の口コミは必ず目を通します。

 

アマゾンでの買い物が多いのですが、アマゾンも口コミがあります。

必ず目を通します。

 

高い評価が9割占めていても、必ず星1つの低評価があります。

そこも読みます。

 

目を通していると

「これはサクラな感じがする」

「これはクレーマー体質の人」

けっこう見えてきます😀

 

口コミ評価というのもは、あまり考えなく書くので、感情が乗りやすいのです。

サクラの言葉は感情が入ってない。
なので、偽りの言葉は分かります。

 

クレーマー体質の人は言葉が感情的に乱暴です。

どこに行っても、何をしてもマイナス面だけがクローズアップされる人。

 

これは、長年ブログを書いたり読んだりしていると分かるものです。

 

被害にあったと匿名で書く人の気質を分析します。

僕は心理学も勉強していますので、そういう分析は得意ですし好きです😀

 

ちょっと辛辣かもしれませんが、かなりマトを得ていると自負しております。

  

ネットで被害投稿をする人は、被害者意識が強い傾向にあります

自分の過ちを認めることができない性質。

 

「絶対に儲かるわよ!」
「ドテラの製品は最高だから、沢山使っても大丈夫なのよ!」

「そう言われて信じたのに…」
「裏切られた」

 

という言葉がありました。

 

頭に来るのは仕方ないとして「信じた自分がバカだった」という記述が見受けられません。

 

ドテラを含めたネットワークビジネスは、誰でも簡単に入れます。

なので、いろんな人種が集まっています。

 

「ドテラに関わっている人は皆んなピュアで優しいのよ〜」とおっしゃる方がおりますが、僕はそう思っていません(^^;;

 

関わっている企業なので、できればそうであって欲しいと思います。

しかし、そのような言葉は盲目的にしか聞こえません。

 

あなたがスタバ大好きだとします。
スタバで働いている人、スタバのお客様、皆「素晴らしい人なのよ!」と思いますか?(^^;;
嫌な言い方に聞こえるかもしれませんが、そんなことはないと思います。
犯罪者だってスタバを利用していると思います。
それと同じです。

ドテラで働いている人。
ドテラビジネスでしている人。
ドテラ愛用者。
いろんな人がいるに決まっています。

 

中には

「絶対に稼げます!」なんて、僕が大嫌いな言葉を平気で使う人もおります。

「沢山使っても大丈夫!」とか言って、少しでも消費量・購入量をあげようとする人もおります。

 

そういう言葉を使う人を信用してしまう自分。
そういう人と縁を持つ自分。

そこは自分が判断して、自分で選んだこと。

そこに着眼しないと、いつまでも「騙された!」「被害にあった!」を繰り返します。

 

自分をかえりみることができないので、学習することができません。

なので、同じことを繰り返しては「被害にあった!」と騒ぎます。

 

被害者意識が強い方は、あまり良い人生を送れません。

なぜなら、失敗を反省して、成長することができないからです。

 

騙す人間と、騙される人間は、同じ傾向性にあります。

騙す人間・騙される人間。

辛辣ですが、同じ土俵で生きているので、縁を持ちやすいのです。

同じレベルの人間ということです。

 

騙す人間は、騙されやすい人が好きです。
上っ面の言葉も、すぐに信じてくれて嬉しいからです。

 

騙されやすい人は、ポジティブな言葉が大好きです。
好きすぎて、言葉の裏を読もうとはしません。
良く言うとピュアです。
上っ面のお世辞も、そのまんま信じやすい。
少し褒められたりすると、「自分を認めてくれる人」と信じてしまう。
ピュアな人は騙しやしです。
騙す人間を「良い人」と信じやすい。

 

僕はセッションの仕事をしていて、人さまのお悩みなどを聞いています。

 

騙されやすい人は、僕のところには来ません。

何故なら、表面だけの聞こえの良い言葉を使わないからです。

 

騙す占い師やセラピストは、けっこうな人気を誇っています。

騙されやすい人は、聞こえの良い言葉を求めるからです。


聞こえの良い言葉ばかり使うなんて、ストレスなくて簡単です。
「会話術」みたいな本を3冊でも読めば、騙されやすい人の信頼を得られるトークができるようになります。

 

 

騙す人は依存させる。騙される人は依存体質。

 

騙す人は、基本的に自己肯定感が低いです。
なので、承認欲求が人一倍強いのです。
「人から求められている」 という実感が欲しいので、人に依存されるのは嬉しいこと。

 

騙される人は、自分で決めることが苦手。
なので、人に決めて欲しい。
占いやセラピストなどが「毎月わたしに会いに来ないと、どうしても悪いエネルギーに寄せられる星を持っているわ」なんて言われちゃうと、毎月せっせとお金を落としに行きます。

 

この関係性は、ネットワークビジネスでもドテラを含めてあります。

 

ドテラを含めたネットワークビジネスのことなんて、自分で調べればいくらでも情報が出てきます。

 

ポジティブな情報、ネガティブな情報、どちらもあります。

 

しかし、自分で調べて、自分で決めることが苦手。

なので、人の言葉だけを信用しがちです。

よって、騙されることが多い。

 

インターネットが普及する前は、情報はリアルで会う人、もしくはテレビや新聞です。

 

テレビや新聞は、情報操作されやすいことは、最近では常識になりつつありますね。

 

今は、ネットを開けば、あらゆる情報が手に入ります。

 

自分で取捨選択をして、自分で判断する責任を持つことが大切です。

 

怒られることを大前提に…

実は、騙す人、騙される人は共依存の関係になりがちなのです。

 

どちらも自己肯定感が低いという関係で成り立っています。

 

被害者意識、依存体質から抜けるには?

長年染み付いてしまった体質は、なかなか変わりません。

 

もしも、「自分は被害者意識が強いな…」と感じたら…

 

何かトラブルがあった時に

「なぜ自分は信じてしまったのか?」

「なぜトラブルに巻き込まれるような事態になったのか?」

 

自分を見つめる癖をつけてみてくださいね。

 

ただ…

被害者意識が強い人は、被害者意識が強いと認められないので難しいのですが💦

  

被害者意識が強い人は、怒りっぽい。

 

自分で選んだということを忘れて、トラブルがあると、常に加害者は外。

 

こんな話しが、訴訟大国アメリカでありました。

ドライブスルーで珈琲を購入、膝に挟んでいたらこぼしてしまい火傷をしてしまった。
訴訟を起こして約5千万の賠償金を手にしたということです。
「マクドナルドの珈琲が熱すぎるのが悪い!」という訴訟です。
参考記事

 

これを読んでどう感じるかは、人それぞれかと思います。

しかし、この訴訟を知って、それはマクドナルドが悪いと思う方。

僕は縁を持つたくないので、なにとぞ連絡などしないでいただきたいです(^^;;

 

参考記事では、数億円はデマだったと書いておりますが、それでも5千万です。

自分で膝に挟んでこぼしたのに、悪いのは熱い珈琲を提供したマクドナルドが悪い。

 

僕には全く分かりません。

 

被害者意識が強い=怒りっぽい=おおごとにする。

これはネットワークビジネスでも当てはまります。

 

おおごとにしたくてネットに「被害に合いました!」記事を書きます。
怒りの感情に支配された文章は、感情がかなり乗っているので、グーグル検索エンジンにもかかりやすいのです。

 

被害記事を書いた人を攻撃したいわけではありません。

今回このような記事を書いたのは、被害者意識の人に対する攻撃のつもりはありません。

結果的にそう感じさせるかもしれませんが(^^;;

 

記事の目的は

①被害者意識が強いと、いつまでも騙される。

②ネット検索する人に、冷静な判断をして欲しい。

 

ここまで読んで、アンチドテラ・アンチネットワークビジネスの人は怒っているかもしれません。

しかし、こうして僕みたいな人間はたくさんおります。

 

「被害にあった!!」とエネルギーを向けるのではなく、あなたはあなたが輝くステージにエネルギーを向けて欲しいのです。

 

あなたが好きなこと、興味あることにエネルギーを向けて欲しいのです。

 

 

「ドテラ」と検索すると、最初はドテラの広告や公式ホームページ。その次にアマゾン・楽天などのショッピングサイトが出てきます。

※アマゾン・楽天で出品されているということは、大量に買い過ぎた人がいる証拠(^^;;

 

ここはどうしても上位に入ります。

 

そして次に一般の方の記事が上がります。

その筆頭に批判記事がいくつか来ているのです。

 

これを読んで、これが一般論だと勘違いして欲しくない意図があります。

それは、他のネットワークビジネスも同様です。

 

先ほどもお伝えしましたが、感情を乗せた記事は上位に上がりやすいです。

 

ドテラだけで言いますと、ドテラは世界で300万人が愛用している製品です。

世の中に批判している人は、いったい何人でしょうか?

 

確かに、どうしても早く成果を出したくて、強引な勧誘や買い込みさせる流れを作る人はおります。

 

しかし、それはいったいどのくらいの人間でしょうか?

 

ネットを開くと批判記事が上位に来ており、さも世の中の常識のように勘違いされがちです。

 

今回のタイトルを「ドテラで被害にあった」と書いたのは、「ドテラ 被害」で検索する人に読んで欲しいからです。

 

どうか上位に入って欲しい気持ちです。

 

ドテラのネットワークビジネス。冷静に考えてください。

ネットワークビジネスに関わらず、製品を買うと、そこには利益が乗っています。

 

ファミレスドリンクバーの原価は3円〜高くても25円くらいです。

どんなに飲まれても、必ず利益が出るようにはなっています。

 

当たり前ですよね。

利益が出なければ、お店は存続できません。

 

僕が愛飲しているドテラのミネラルは、2本で11900円です(会員価格)

そこには、たくさんの経費が乗せられています。

僕の紹介者への報酬も入っています。

 

納得できないなら買わなきゃいいし、納得したのなら買って飲めばいい。

 

ドテラのミネラル。

買えば紹介者に報酬が入ります。

納得できないのなら買わなきゃいいし、納得したのなら買えばいい。

 

ドテラのミネラル。

誰かに紹介すれば、自分に報酬が入ります。

それが嫌なら紹介しなきゃいいし、仕事として考えられるのなら紹介すればいい。

 

「被害にあった!」
「裏切られた!」
「マルチは悪どい商売だ!」

 

と、騒ぐことは本当に滑稽でおかしいことだと言うこと、冷静に判断して欲しいのです。

 

しつこいようですが、物を買ったりサービスを受けたりすれば、そこには必ず利益が乗せられています。

 

「マルチは悪どい」

「ネットワークビジネスは被害者を生む」

 

という、短絡的な思考ではいけません。

 

ネットワークビジネスの製品にも、良い製品、そうでない製品があります。

入会した先の紹介者グループが、買い込み・セールスの強要するグループもあれば、そうでないグループもあります。

 

単純に、自分がその製品クオリティと価格が納得するかしないかだけ。

単純に、紹介者が良い人かそうでない人か判断するだけ。

そこをシンプルに考えましょう。

 

仕事とするのなら、それは営業です。

車のセールス・保険のセールス・住宅のセールスと同じセールスです。

 

セールスが苦手なら、やらなければいいだけです。

 

ドテラのネットワークビジネス。

冷静に判断すると、とても面白い可能性あるビジネスだと思います。

そして、健康を手に入れられる製品だと思います。

 

まとめ

●ネットで被害にあったと大騒ぎする人は、被害者意識が強い傾向にあります。

 

●騙す人間と、騙される人間は、結局「同じ穴のムジナ」

 

●被害者意識の強い人は、自分で決められない依存体質。

依存体質の人は騙しやすい。

 

●ドテラに限らず、感情的な批判記事に惑わされないように。

 

こんな価値観の僕から入会したい方、検討したい方はクリックしてくださいね!↓

■こちらも確認お願いします!■

★各種お仕事の案内

★他のブログ記事も宜しくお願いします!

★リラクゼーション・セラピストとしてのブログ

★YouTube

★Facebookでしか出さない記事もあります

 

↓定期手にブログやお仕事のお知らせを流しております。お仕事のご依頼・お問い合わせ。こちらをクリックして、LINEからご連絡くださいね!

友だち追加