匿名で批判する人は、単なるクレーマー体質 124

有名になれば、必ずネット批判が起こる

ネットワークビジネスをしていて、凹むことがあるとしたら「批判」「ディスリ」なのではないでしょうか?

 

名前が売れれば何でも喜んで叩く人がいます。
芸能人・著名人でも、有名になればなるほど叩く人がいます。
世界的な企業・マクドナルドもスタバも、必ず批判があります。
韓国芸能界は、ネット叩きが盛んなので、それで自殺してしまう芸能人もいます。

 

冷静に考えれば分かることでも、ネットワークビジネスを検討している人からすると、動揺してしまうのは仕方ありません。

 

「ドテラ?あ、なんか興味ある!でも一応ネットで調べてみようかな…」

そこには必ず辛辣な批判があります。

 

僕自身も動揺したので、なかなか踏み出せませんでした。 

今までの信用がガラガラと崩れるんじゃないかと心配にはなりました。

 

ネットで検索なんてしちゃうと、結構な言葉でディスられています(笑)

 

「確かにそれはそうだね!」という、ドテラビジネスをしていても納得してしまうこともありますが、ほとんどがネット上で元気な匿名クレーマーさん。

 

きっとリアルでは何も言えないような方が多いです。

 

「ドテラ 批判」で検索してみてください。

ちなみに僕のブログも出てきます(笑)

 

「耳を傾けるべき批判」と「惑わされてはいけない批判」があります。

 

「耳を傾けるべき批判」は、顔も名前も出している批判です。

名前も顔も出しているので、言葉に冷静さがあります。

 

冷静に批判しています。

なので、そういう批判に関しては、僕は耳を傾けます。

しかし、だからと言って「正しい」とは限りません。

 

「惑わされてはいけない批判」は、名前も顔も非公表です。

参考程度に読んでも構いませんが、「何でも人のせい」のクレーマー体質が多いです。

マスゴミと言われる方々も、非公表で書いていたりします。

 

クレーマー体質の人は、人をディすって論破する言葉が上手なので、惑わされてはいけません。

言葉使いは上手です。

 

 

非公表のクレーマーさんは、結局「類は友を呼ぶ」でグループを選んでいる

 

ここで本当に思うのは、ドテラに入ったとしても、他のネットワークビジネスにおいても「何処のグループに所属するか?」が重要になります。

 

やはり「類は友を呼ぶ」が、ネットワークビジネスグループにも合っています。

 

「元ドテラ会員」だと名乗る方の批判内容を読むと、「え?何でそんな活動の仕方してたの?」と思います。

他のネットワークビジネスにもおいてもです。

 

「そりゃ、ネットワークビジネスって酷いって思うよな(笑)」

というような関わりをしています。

 

そして最後は「洗脳されていた」と相手のせいです。

 

これは事実なんでしょうが、ドテラに関わっている人間が、みんな人格者だなんて思っていません。

お金を支払えば、誰でも会員になれます。

 

非公表で批判するような人間。

これは愛を持ってお伝えしますと、人としての質が低いです。

 

人として質が低いと、質の悪い人と縁を持ちます。

これが「類は友を呼ぶ」です。

 

この、常に相手が悪いというクレーマー体質が治らないと、一生涯「洗脳されていた」「騙された」ということになります。

 

そして同じように、名前も顔も非公表で批判を何度でも繰り返しますよ。

どこに行っても、何をしても、質の悪い人間と縁を持ちますよ。

 

クレーマー体質の人は、いつも人のせい

 

元会員さんでドテラが嫌いになった。

ネットワークビジネスが嫌いになった。

 

それはいいでしょう。

誰が何を嫌いでも自由です。

 

しかし

●なぜ自分は好きになって会員になったのだろう。
●なぜあの人を信用したのだろう。
●なぜ世界一の製品と思い込んだのだろう。
●なぜ言われるがままの活動や購入をしていたのだろう。

 

全て最後は自分で決めていたこと。

洗脳されたのではなく、自分が自分を洗脳していた。

そのことに気がつかないと、全ての生活においても人生は好転しません。

 

子育てしても

自分の育て方には目を向けず、「この子は育てにくい」

 

仕事にしても

自分がその会社を選んだのに「上司がアホだから困る」

 

パートナーにしても

自分の短所は棚上げして「男運が悪い」

 

クレーマー体質の人は、いつも人のせいです。

 

何もない人間がネットワークビジネスに関わっている

 

非公表のクレーマー体質の人の言葉には惑わされてはいけません。

学歴もない。
大したスキルもない。
資金もない。
カリスマも人望もない。

 

そういう人間。

僕のような人間が、夢のような生活を手に入れられる可能性があるのは、ネットワークビジネスなんですよ。

 

でも、ほとんどの人が成功しないのもネットワークビジネスです。

これは事実としてお伝えしておきます。

 

なぜなら

学歴もない。
大したスキルもない。
資金もない。
カリスマも人望もない。

という人は、今までの人生を振り返ってみてください。

人に胸を張れるような「頑張り」をしてきたことがありますか?

 

ネットワークビジネスは

学歴もない。
大したスキルもない。
資金もない。
カリスマも人望もない。

という方々が多く参加しています。

 

じゃあ、僕みたいな人たちは、どうしたらいいのか?

 

もう月並みですが、この人生で一番頑張ってみることではないでしょうか?

 

「いやいや中和田さん。わたしは〇〇をメチャクチャ頑張ってきた過去があります」という方もいるかと思います。

だとしたら失礼しました(笑)

 

では、その頑張りを、ドテラで1年間だけやってみてはいかがでしょうか?

 

やるだけやってみたら良いかと思います

 

僕はですね、2019年の2月から本気でドテラビジネスに関わっています。

来年の2月までに、やれるところまでやってみます。

 

でね、確信しかないのですよ(笑)

上手くいく確信しかありません。

 

確信があったとしても、1年後の月収は毎月6000円が目標です。

ショボいでしょ?(笑)

 

でも、その月収が達成した暁には、7年後の月収6632万円の一歩です。

 

宝くじのようなビジネスなんですから、1年だけでも頑張ってみても面白いと思いますよ。

 

で、1年やって月収6000円いかなかったら、その時に考えても大したリスクはありません。

 

僕が提案するドテラのネットワークビジネスは

 

●友人・家族・会社仲間・知人には基本的に声はかけません。

●インターネットだけを利用します。 ネット活用方法は、入会したら少しづつ教えていきます。

●セミナーや勉強会などは、基本的にはしません。

●製品代と、ビジネスとしたら極めて少額な運営資金(最低2980円から)

●名前・顔が非公表でも活動できます(出した方が有利ではあります)

 

たとえ1年やってダメでも、大きなリスクではありません。
ネット上でクレーム入れている人は、おかしな活動をしてきただけです。


宝くじが当たるのを待っているよりは、よっぱど可能性が高いかと思います。

「とりあえず、一歩踏み込んでみようかな?」

と思いましたら、こちらをクリック↓

友だち追加

 

まとめ

 

●非公表のネットワークビジネス批判の声は、ただのクレーマー体質の人。惑わされてはいけない。

 

●クレーマー体質の人は、質の低いグループに所属していたかと推測します。それは「類は友を呼ぶ」からです。

 

●批判されるようなリスクは、ネットワークビジネスにはありません。やり方の問題です。

 

●僕のところで1年頑張ってみませんか?

■こちらも確認お願いします!■

★各種お仕事の案内

★他のブログ記事も宜しくお願いします!

★リラクゼーション・セラピストとしてのブログ

★YouTubeビジネスチャンネル

★YouTubeプライベートチャンネル

★Facebookでしか出さない記事もあります

 

↓定期手にブログやお仕事のお知らせを流しております。お仕事のご依頼・お問い合わせ。こちらをクリックして、LINEからご連絡くださいね!

友だち追加