7年で年収7億9585万円のビジネス。簡単なわけないじゃあないですか(笑)131

 

ドテラを含めたネットワークビジネス。製品を1番にアピールすると…

 

https://ameblo.jp/shirotamlm10/entry-12576128545.html

こちらのブログでも書いたのですが、捕捉のような内容になります。

 

何故、ネットワークビジネスは製品よりもビジネスを売っていった方がいいのか?

 

製品をアピールすのがダメというわけではありません。

 

ネットワークビジネスの基本は高品質な製品です。

 

それはどのネットワークビジネス企業でも同じです。

 

ネットワークビジネスの代名詞にもなっているアムウェイさん。

あれだけ叩かれていても失くならないのは、やはり製品力は高いのだと思います。

 

 

しかし、製品を1番にアピールすると、結果的に一番怪しまれ、一番苦労するわりに収入にはならない。

これが僕の自論です。

 

こういう時は、数字がハッキリさせてくれます。

 

同じ売り上げでも、製品をアピールした愛用者募りはツライ

 

細かいことは抜きにした収入のシュミレーションです。

ビジネスでアピールして構築した場合のシュミレーション
自分が5人のビジネス会員を募る。
その5人が、同じようにビジネス会員を5人募る。
その5人が、また同じように5人を募る。

合計人数は155人になります。


みんな毎月100pvの購入と計算する。
この時の収入は年収約265万円です。(売り上げ約2604万円)

 

 

製品をアピールして、愛用者さんをコツコツ増やす
コツコツ製品の良さを伝えて、上のビジネス会員さんと同じく155人の愛用者会員を募る。

みんな毎月100pvの購入と計算する。
この時の収入は年収約37万円です。(売り上げ約2604万)

分かりますか?

自分からの流通で同じ155人の会員。

同じ毎月100pvの購入。

 

全く同じ売り上げ2604万円を上げていても、ビジネス会員を募り、ビジネスを構築していった方が228万円も多くドテラ社から戴けるのです。

 

 

製品からアピールすると、何故怪しまれるのか?

後から『ネットワークビジネスなんだ』と知ると、『ああ…結局あなたが儲けたいのね💦』となりがち。

 

製品の良さや企業理念を熱く語ったても、それでドテラを選んだらコミッションが入るのは事実。

これは僕だけが思うのかもしれませんが、なんか白々しく感じてしまうのです😅

 

『仕事として取り組んでいます』

の後に、『何故なら、こんなにも素晴らしい製品で、こんなにも企業理念が素晴らしいから』と伝えたいです。

 

極めてロースペックな僕が5人のビジネス会員を募れました

 

想像してみてください。

 

155人の愛用者。

14000円を毎月年間通して買ってもらえる自信はありますか?

 

家庭があったり仕事があったりで、その合間で155人の愛用者をどうやって募れますか?

僕からすると、宝くじより可能性がないとしか思えないのですよ💦

 

やるつもりもありませんが😅

 

 

1年で『7年後の年収7億9585万円の可能性あるビジネス。興味あってやりたい5人』

こちらの言葉に興味ある人を募った方が早いと思いませんか?

 

1年で5人のビジネスをしたい人を募るのです。

こちらの方が可能性を感じませんか?

 

 

実際僕は、スタートした2月から、1年で5人のビジネス会員を募ることができました。

●偏差値52の高卒。

●転職歴35

●持っている資格・普通運転免許

●ハゲ坊主の51歳になるオジサン

 

極めてロースペックの僕ができるのですから、できないわけないというのが僕の考え。

 

できない人がいたら、それはやる気の問題です💦

やり続けることができるのか、できないかだけの差です。

ほんともうそれだけです。

 

 

ネットワークビジネス。

続けられない理由はいくつかあります。

①友人・知人・親族に声をかけ続けるというストレス。

 

②毎月のようにあるセミナー代(交通費など含めて)製品代の経費。時間も取られて本業に差し支えある。

 

③パソコンが苦手で、ネットからの集客ができない。

 

 

僕が1年で5人のビジネス会員を募れたやり方は。

①友人・知人・親族には声をかけていません。

 

②セミナーには出たことがありません。

 

③製品は最低限の毎月100pvしか買っていません。

 

インターネットだけで募りました。

 

そのやり方を、ダウンさんには1つ1つ教えていきます。

 

 

 

シュミレーションを見ると、1年で5人のビジネス会員を募っても、月収6000円です。

ドテラ公式ホームページ
https://www.doterra.com/JP/ja_JP

僕が進めるドテラオンラインMLMの報酬計画です(月収)

あくまで「取らぬ狸の皮算用」ですが、可能性はあります。


従来のアポ→セミナー動員のやり方では無理だと思います。

1年後 6,000円(年収72,000円)

2年後 33500円(年収402,000円)

3年後 221000円(年収2,652,000円)

4年後 533500円(年収6,402000円)

5年後 2258500円(年収2,710万2,000円)

6年後 11633500円(年収1億3,960万2,000円)

7年後 66321000円(年収7億9,585万2,000円)

 

この数字を見て、やる気をなくす声は、今まで何度も聞いてきました。

 

これだけやっても1年で6000円…

 

オンラインだけでビジネス会員を5人。

想定していたより簡単ではありませんでした😅

 

  

7年後に8億弱の年収になる可能性のビジネス。そんなに簡単なわけない

 

『1年後に6000円じゃあ、やる気失くす』

 

僕から言わせたら、世の中甘く見過ぎかな…と。

ビジネスを簡単に見過ぎかな…と。

 

 

辛辣なことを言わせていただくと、そういう方々はたくさんおります。

どんなに忠告しても『楽して誰でも儲かる』という言葉に引っかかってしまします。

 

僕もですね、過去に6万円ほどの情報商材に騙されたことがあるので、偉そうに言いたいわけではありません。

まだ情弱という言葉がない、10年以上前の時代です。

 

開業間もなく、売り上げが無さ過ぎて飛びついてしまいました。

半信半疑ながらも、『1日30分のコピペで7桁収入???もし本当なら…』ってね(笑)

 

あれだけでもう勉強になりました。

 

『そんな簡単に誰でも稼げていたら、みんな億万長者でハイパーインフレになるな(笑)』

ハイパーインフレとは

誰でも当たり前のように年収1億円になったら、貨幣価値が下がります。
簡単に言うと、コーラ1本3000円。ラーメン1杯16000円とかになるということです。

途上国では、簡単に偽札が出回るので、貨幣の価値がなくなったりしてます。

 誰でも稼げるわけではないから、年収1億円は『凄い』ということになるのです。

 

 

1流企業である博報堂。

 

初任給が28万円です。

博報堂に入社している方の出身大学は、早稲田・慶應・東大などの1流と言われる大卒です。

 

高卒の僕にはよく分かりませんが、22歳で就職するまで、いったいどのくらい勉強してきて、どのくらい学費をかけたかってことです。

 

もしかしたら、幼稚園から大学まで、全て私立かもしれません(国立の東大は除く)

 

塾だって行ってきたと思います。

 

1千万かけていることでしょう。

 

通学費・一人暮らしなら生活費。

 

地方から東京の大学なんて行ったら、それまでかけたお金は数千万です。

 

それでも、初任給28万円です。

10年ほど勤めると、だいたい年収1000万円です。

 

 

サラリーマンで1000万は凄いですよ!

そうなるまでに、果てしない勉強時間を費やし、勉強代にもお金をかけてきているのです。

 

それでも10年で1千万です。

 

 

僕がシュミレーションしているドテラのビジネスは、シュミレーション通りいけば、5年後に年収2700万円です。

 

『1年後に6000円じゃあ夢がない』ですって?😅

 

1年2年は、製品を使いながら勉強しているようなものです。

そんな簡単に身に付くことではないですよ。

 

僕はブログを書き始めて15年。

web集客に本気で関わって6年です。 

 

失礼な言い方かもしれませんが、

これを読んでいる人は、僕みたいな高卒や中卒、そしてFラン大学と言われるような学歴ではないでしょうか?

 

勉強してきましたか?

学費をたくさんかけてきましたか?

楽な道ばかり探してきませんでしたか?

 

そんな僕たちが7年後の年収が7億9585万円になる可能性あるビジネス。

簡単なわけないじゃあないですか(笑)

 

 

それを

『1年後にはせいぜい6000円の月収は馬鹿らしい』

 

そう思うのはもちろん勝手なのですが、その考えでいるのなら、もうビジネスなんてしようと思わない方がいいかな…と思います。

 

ネットワークビジネスも、他のビジネスも、そんなに簡単ではありません。

先ほども言いましたが、簡単なら日本はハーパーインフレです。

  

ドテラのビジネス。大学と比べて費用はどうか?

 

ドテラのビジネスを考えてみましょう。

 

3500円の登録費用。

毎月14000円程度の製品購入が、ビジネス参加の条件。

 

これが最低限かかる費用です。

(さらにかかる費用は、自己判断になります)

 

僕のグループなら、web集客を覚える費用はゼロです。

 

僕はweb集客を身に付けるために、何年もかけ、成功や失敗を繰り返し検証してきています。

 

僕が何年もかけて検証して身につけてきたことを、塾代ゼロで済むわけです。

 

これ、すんごいメリットなこと分かりますかね?

 

何年もかけてきたこと、簡単に身に付くわけありません💦

 

リラクゼーション業をしながら、ネットビジネス・ネット集客を勉強してきています。

 

 

もしも、中卒で、その後、webに関する勉強だけを7年間したとしましょう。

●プログラミングを学ぶ

●ウェブマーケティングを学ぶ

●ウェブデザインを学ぶ

●セールスレターを学ぶ


●動画編集・トークスキルを学ぶ

それをしながら、ドテラの製品を学ぶ

 

これを学んで実行したら、とんでもなく稼げますよ。

約束なんてできませんが、20代で億はいくかと思います。

 

僕だってまだまだできないことばかりです。

 

そんな僕でも、7年後の年収7億9585万円の第一歩となる『1年でビジネス会員5人』を、友人・知人・親族には声をかけないで募ることができました。

 

 

僕のドテラグループに入会したら、web集客に関する質問はいつでもOKです。

 

簡単なことはLINEで、きちんとお伝えしたいことは専用ページで動画で答えています。

それとは別に、月一で、個別コンサル(勉強)を今ならできます(ダウンさんが増えてきたら、個別は難しいです💦)

 

無料でweb集客を勉強しながら、ネットワークビジネスを構築していくのです。

 

 

博報堂さん。

7年後の年収は、どんなに頑張っても1000万は難しいでしょう。

博報堂に入るまで数千万の学費と、計り知れない時間を費やしても1000万に届きません。

 

 

ドテラのネットワークビジネスはどうでしょうか?

学費はゼロ。

50歳からスタートした、高卒の僕でもできた。

博報堂さんとは違い固定給ではありませんが、7年後の年収は7億9585万円の可能性があります。

 

 

一緒に夢や目標を達成しませんか?

 

ご連絡、お待ちしております😀

娘のためにも、簡単には諦めません。


 中和田收中和田收・業務内容 

ドテラビジネス 

 

YouTubeチャンネル

 

中和田收 中和田夫婦

■こちらも確認お願いします!■

★アメブロで集客したい方は絶対にクリック

★ビーチクリーン企画

★他のブログ記事も宜しくお願いします!

★リラクゼーション・セラピストとしてのブログ

★YouTube施術チャンネル

★YouTubeプライベートチャンネル

★Facebookでしか出さない記事もあります

 

ドテラに興味ある方は、こちらをクリックして「友だち追加」してくださいね。

定期的に情報は行きますが、こちらからセールスすることはありません。

友だち追加