ドテラ。アップからの圧力がきつい!ジャイアントとのび太か(笑)133

ドテラのネットワークビジネスを本格的に指導して14ヶ月になります。

 

先日、こんなLINEが届きました。

※本人了承済み

アップとの関係に悩んでいるとのこと

これ、本当に多くて、それもネットワークビジネスが胡散臭くさせてしまっている理由の1つだと思います。

 

まぁこれは、ネットワークビジネスに限らず、人が集まればいろいろありますよね💦

 

 

お電話で話しました。

●もともとはドテラの製品が好きで愛用していた。そのうちセミナーなどにも誘われ行くようになり、『自分もビジネスとしてやってみよう』と始めた。

●『やる』と宣言したのはいいが、なかなか成果が出ない。直アップからガンガン責められるようになる。

●『やると言っているけど、どうやってやっていくのか説明してちょうだい』と責められる。

●ビジネスをしているのに、セミナー不参加はあり得ない。セミナー代・交通費・飲食代がかかる。

●グループで集まれば、いつも誰かグループ内の人の悪口。きっと私も言われているはず。

●家庭の事情を話しても、全て『それは言い訳だよね』で聞いてもらえない。

●『なんでも話して!』と言っていたから話しても、全てドテラ製品で解決させようとする。

●『ビジネスとしてやるのなら、毎月200pvの購入は当たり前』と言われる。
(200pvは約3万円)

●その他、ビジネスで成果を出したいのなら毎月のノルマは達成すること。と、足りない数字を補填させられるので、またお金がかかる。
(報酬プランを理解している人へ。パワーオブスリーを達成すること)

●なかなか成果が出ないと『やる気がないのなら、やめて欲しい。そこのポジションを空けて欲しい。と退会を迫られる。

●『あなたのためにダウンをつけてあげたこともあったのに』と責められる。

●更に上の人からも『一度退会して、適当なところに配置してあげるから』と言われる。配置してあげるって???

●自分が誘って登録した人もいるので、そう簡単に辞めるわけにもいかない。誘った人は、ドテラ製品は好きなので尚更やめられない。

 

↑これが全てのネットワークビジネスの形なら、ネットワークビジネスなんて絶対やらない方がいい。

ドテラにも関わらない方がいい。

『ビジネスやるなんて言わない方がいい』

 

僕は聞いていて、何度も笑いながら『こ〜わいぃ〜』とオカマみたいな声を出してしまいました(笑)

 

 

ダウンさんは、部下でも手下でも金づるでもない。お客様でもあります。

 

ダウンさんがお買い物をしてくれるおかげで、ドテラ社から紹介手数料が入ってきます。

登録する時や、今回Nさんのように『ビジネスとして頑張ります』の時だけ、優しいぃ〜顔をする。

 

しかしビジネス活動した途端に手下になる。

このようなネットワークビジネスグループはたくさんあります。

 

ネットワークビジネスを批判する人の気持ちも分かるのです。

このような目にあっていたら、そのスタイルだけがネットワークビジネスだと思うでしょう。

 

 

ネットワークビジネスもビジネス。

ビジネスは本来自己責任で、孤独なものです。

 

やらされてやるものではありません。

『アップがいないとビジネスにならない』

なんてことは思い込みです。

 

たった一人でもやっていくくらいの気持ちがないのなら、製品だけ愛用して、ビジネスには関わらない方が良いと僕は思います。

 

 

アップとダウン。

依存させる、依存する関係になると良くないです。

 

少しずつ圧をかけて怒られていくと、洗脳はされやすくなります。

  

会う頻度が多ければ多いほど、それは洗脳作業の1つでもあります。

 

セミナー・勉強会・交流会・ワークショップ。

会う機会があればあるほど、素直な人は洗脳されていきます。

 

●毎月200pvの購入はしなくてはいけない。

●目標が達成できてなかったら、お金を出して補填するしかない。

●お金がなくても、セミナーにはいかなくてはいけない。お金がないは言い訳なんだ。

 

セミナーを全否定はしません。

自ら能動的に、『このセミナーに行って勉強しよう!』ならいいのです。

 

しかしこれがチームになってしまうと、いつしかそれは強制になってきてしまいます。

本来なら、ネットワークビジネスは個人事業主です。

 

固定給をもらってないどころか、購入した先はアップの収入でもあります。

 

 

こんなことを書いても、洗脳中の方にはきっと何も届きません。

洗脳している側も、洗脳されてきているので、洗脳していることには気がついていません。

 

ドテラ本社側は、いたって普通の世界的優良企業です。

洗脳作業は全くしておりません。

 

ビジネスを教えると、子育ては似ている

 

『勉強しなさい!勉強しなさい!』

と怒られながら勉強しても、やらないよりはマシくらいだと僕は思っています。

 

『勉強して点数を良くしたい』

と、自発的に勉強した方が、効率的に頭に入ります。

 

僕たち夫婦は、『宿題、やらなくてもいいんじゃない』くらいの姿勢です。

僕にいたっては、『学校の勉強嫌いなら、高校は行かない方がいいよ』という考えは微動だに変わりません。

 

そう言われて育っている娘は、自発的に勉強しています。

 

公立の中学に行きましたが、先日は自発的に難関私立中学の算数の試験勉強。

『教えて欲しい』

と自発的に聞いてきて、きちんと理解できました。

 

 

『ビジネスしなさい!ビジネスしなさい!』

と怒られながらやっても、なかなか成果は出せません。

 

ワクワクした気持ちよりも、『怒られないため』という負のエネルギーが満ちてきます。

うまくいくものも、うまくいきません。

 

 

特に女性は、心のバイオリズムがあります。

男性的な女性は、それでもガンガン進めることができますが、そうでない女性もたくさんいること。

 

1年のうちでも、気分が乗っている時とそうでない時があります。

1年を通して突き進めるのは、ビジネスで成果を上げたいなら重要ではあります。

 

僕もそのような気持ちで、日々ブログを書いたり動画を上げています。

 

しかしそれは自発的にやらなくては全く意味がありません。

怒られてやることではないですね。

 

あなたのために…という偽善的な言葉

 

ネットワークビジネスにおいて、登録してくれて製品購入してくれたら収入が入ります。

ダウンさんに対して『あなたのため』が嘘でなかったにしても、それ以上に『自分のため』であることでしょう。

 

 

もっと言うのなら、全ては自分のためです。

●僕が困っている人にお金をあげたとしましょう(今はそれどころじゃないですけどww)
それだって自分のためです。人を助けることができたという、自己満足を満たしたいからです。

●僕が家族のために働いています。
それは、家族を守れているという自己肯定感を得るためでもあります。

●僕は毎月ビーチクリーンをしています。
海を守るタメだけではありません。『海を少しは守れている』『啓蒙活動できている』という自己満足を得るためでもあります。

 

『あなたのために』という言葉を使う人ほど、『自分のため』が強い人が多いですね😅

『あなたのためにしてやった。だから見返りをくださいよ』というリターンを求めている。

これは心理学のデータでも明らかになっております。

 

満足する見返りがないと、イライラと怒り出します。

 

 

『ドテラを愛しているから、一人でも多くの人を救いたい』

言うのは勝手です。

 

しかし、そこに収入が1円も入らなかったら言えますか?

 

聞こえの良い言葉を使ってビジネスをするから、ネットワークビジネスはカルト宗教みたいに胡散臭くなるのだと僕は思います。

 

僕は一貫してお金が欲しくてドテラのネットワークビジネスをしています。

 

10億円稼いでいても、1円も稼げてなくても、同じ1会員でしかない

 

ドテラという企業に登録したもの同士、どちらが上司でもなく部下でもない。

『ビジネスやる気ないならポジション空けて欲しいから辞めて』
『一度退会すれば?後から適当に配置してあげるから』

 

退会しろだの、登録し直せだの、同じ立場の1会員が言う言葉ではありません。

それが言えるとしたら、ドテラ本社の人間です。

 

 

ネットワークビジネスが本当に悪くて、外部から見たら恥ずかしく見えるところ。

それは、まるでジャイアントのび太みたいな関係になっていること。

 

外部から『洗脳されて搾取されているビジネス』と笑われていても仕方ありません。

  

中和田グループは一貫してビジネスに特化してます

 

僕はいっさい『やりなさい』みたいなことは言いません。

ある意味そこはドライなくらいです。

 

『やりなさい』と言われてやることは、どうせ成果なんて出ないからです。

特にネットワークビジネスは、そんなに簡単ではありません。

言うのも言われるのもイヤです。

 

そしてネットワークビジネスは個人事業主です。

僕はアップですが、固定給を出しているわけではありません。

『やりなさい』など言って圧力かける権限はありません。

 

 

しかし

『成果を出したいから教えて欲しい』

と言う人には、懸命に教えています。

 

それは一貫して

『友人・知人・親族を含め、勧誘はいっさいしないオンラインネットワークビジネス』です。

 

僕は数年前からweb集客のコンサルをしてきています。

今現在、リラクゼーションの集客ができてない(している場合ではない状況)ので、お恥ずかしくもありますが😅

 

しかし、14ヶ月前から始めたドテラのネットワークビジネス。

1人も勧誘をしないで、全国から登録者を出せています。

 

簡単ではありませんが、やる気のある人には、1つ1つレクチャーしています。

 

  

『成果を出したいから教えて欲しい』

と言う人に懸命に教えているのは、ダウンさんのためではありますが、それ以前に自分のためです。

 

ダウンさんが成果を出せなければ、僕自身も成果は出せないというのがネットワークビジネスです。

だからwin-winでいいビジネスなんです。

  

アップのフォローが大切という言葉には疑問です

 

アップの立場も、ダウンの立場も、『アップのフォローが大切』『チームで動くことが大切』という言葉に洗脳されない方がいいです。

 

ビジネスというのは、本来孤独なものです。

たった1人でも、ビジネスを構築するくらいの気持ちが必要です。

 

僕はダウンさんに成果を出して欲しいので、月一のコンサルや専用ページを用意して、そこでweb作業のレクチャーやブログ校正のレクチャーなどしております。

 

LINEの質問は随時受け付けていて、なるべく早く返信するようにしています。

それはダウンさんをフォローしているのではありません。

 

冷たい言い方かもしれませんが、ダウンさんのためにしているのではありません。

僕が僕の目的を達成するために、必要なことなのでしているだけです。

 

 

 

フォローという気持ちがないので、自分の睡眠時間を削ってまで、LINEの返信などはしません。

空いた時間に返信しています。

 

ネットワークビジネスは、ダウンさんのフォローに明け暮れてしまっている人もいます。

僕はそれをリレーションしたくありません。

 

30万の収入があるのに、30万の製品代と経費がかかっているような人もいます。

そんなことはしたくありませんし、そんなことを受け継ぎたくはありません。

 

 

僕の考え方は、これからネットワークビジネスを健全化する上で重要なことだと確信しています。

 

ダウンさんが思ったようにビジネス活動をしてくれなくても、アップさんが思ったようにフォローしてもしなくても、それを理由に『成果が出ない』というのは理由になりません。

 

それを理由にしている以上、ネットワークビジネスに限らず、何をしても成果を出すことはできないでしょう。

ビジネスである限り、全て自己責任です。

 

 

とか言ってしまうと、僕が何もしないアップみたいですね(笑)

それでは僕のセールスにはなりませんので、再度アピールを。

 

【起業して15年です】

●リラクゼーション業から始まり
●セラピストスクール
●道ひらき数秘術セッション
●道ひらき数秘術講座運営
●各種セミナー開催


近年はこれ全てをブログやSNSで集客してきました。
個別勧誘はいっさいしてきておりません。
個別メッセージやLINEで勧誘してくる方がおりますが、それもやったことはありません。

その経験を元に
web集客セミナー・web集客個別コンサルティング

web集客からの売り上げは、累計億くらいです。
この経験から、『ネットワークビジネスも、勧誘はいっさいしないでも成果は出る』というポリシーです。

これらの経験をダウンさんに伝えております。
簡単ではありませんが、続けていればスキルとして身につきます。

現在、コロナショックにより大打撃を受けておりますが、web集客スキルがあるので慌ててはいません。
収入は9割減りましたが、オンラインのドテラビジネスのお問い合わせが増えております。

 

 

【何を教えているの?】

●ブログ集客ノウハウ
●SNS集客ノウハウ
●webセールスレター
●webデザイン
●web操作

これを学べは、それはスキルとして財産になります。

 

 

【どのような形で教えてるの?】

●LINE質問は随時受け付けてます

●LINE質問がくると、専用ページで音声レクチャーしております

●専用ページは皆さんが見れる状態になっていて、好きな時間に自分で学習してもらっています。言われないと勉強しないタイプの人は、ビジネスでは成果を上げられません。なので『見なさい』という圧力はありません。『やれる人が、やれる範囲で』がモットーです。

●月一で個別に電話相談してます。LINEという活字では伝わらないことを話しています。月一コンサルに関しては、ダウンさんが増えてきたら終了するかもしれません。
 

 

 

【中和田ポリシー】

●『ビジネスをやれる人が、やれる範囲でやっていく』

●ビジネス活動をしなくても、毎月購入があれば、いつか収入が入るよう『やれる人が支えていく』⇦ダウンさんを付けるという形です。毎月100pv購入は、権利を得るための権利金みたいなものです。

●まずは自分が潤うということを前提にしています。その先に、途上国の支援に繋がるドテラはとても良いです。
 

 

 

【中和田グループのデメリット】

●アロマを追求したいから教えて欲しい、という人には合いません。本やネットを調べれば、いくらでも出ているので、自分で勉強してくださいというスタンスです。ビジネスは自己責任。

●アロマワークショップやアロマお茶会などが好きな方。僕は開催する気はないので、ご自分で主催していただきます。その際の集客は教えられます。

●お尻を叩かれないとビジネスを進められない方。お尻叩きません(笑)

 

ドテラの製品・及び、ドテラのネットワークビジネスにご興味のある方は、LINEの登録を宜しくお願い致します。

こちらから連絡することはありません。
定期的に情報を流させていただきます😀
友だち追加

 

 

 

 

YouTubeチャンネル

 

中和田收 中和田夫婦