10年後の生活、本当に大丈夫ですか? 14

親指を怪我したことでスイッチが入りました

ドテラのネットワークビジネスを始めたことは、このブログとyoutubeだけにしておこうかと思いました。

メルマガとFacebookはリラクゼーションのお客様も読んでいたりするので、それはけっこう勇気が必要でした。

ネットワークビジネスを始めました=勧誘される。

その図式があると思うのは僕だけでしょうか?

 

何度でも言いますが、僕は13ヶ月間、誰一人も勧誘しないでおります。

誰一人勧誘しないで、会員さんを募れています。

 

こうして発信はしていきますが、これからも基本的に勧誘はしません。

聞かれない限り。もしくは話しの流れ的に話さなくてはいけない状況などない限り、僕から話すことはありません。

 

 

リラクゼーションの仕事は、僕の誇りでもあり生き甲斐です。

1人でも来てくれる人がいるのなら、僕はどんな状況でもやめたくありません。

 

親指を大怪我した時に『完全廃業』も考えました。

完全廃業にして、東京のタクシードライバーに戻れば、どうにか破産しなくては済みます。

タクシードライバーなら、当時50歳の僕でも拾ってくれます。

 

 

しかし、大怪我しても来てくれる人はいました。

謝りながら、左手と肘を使い施術しました。

 

割引を申し出ても

『え?なんの問題もないですから、割引なんていらないですよ。これからもお願いします』

との言葉。

 

たくさん休んで、たくさんの常連さんが離れてしまい、廃業を考えながら仕事をしていました。

もう、泣けました。

 

そんなこともあり、たとえリラクゼーションだけでは食べていけなくても、辞めるわけにはいかないと思ったのです。

このような人との触れ合いがあるこの仕事、お金関係なくやめたくありません。

 

完全にやめてしまったら、僕は僕ではなくなると思います。

昔の自分に戻るのではないかという恐怖もあるくらい、この仕事はやめたくありません。

 

 

いつご依頼の電話が鳴るか分からないリラクゼーションの仕事。

他で仕事をするわけにはいきません。

 

なので、自宅で空いた時間にできることと考えたのです。

それが、勧誘活動を一切しない、オンライン発信だけでするドテラのネットワークビジネスでした。

 

 

僕は家族を養う責任があります。

「どう思われるか?」なんて、言っている立場ではありません。

以下、昨年送ったメルマガの内容です。

年始のことでした。
冬休み最終日、その日は家族で1泊の温泉旅行に出かけておりました。

目の前は海という素晴らしい温泉宿です!

チェックアウトしたあと、目の前の海に行きました。
そこは砂浜ではなく岩場です。

僕は岩場に行きました。
そして、本当に恥ずかしい話しなのですが、岩場にびっちりついたコケに足を滑らせ、思いっきり転んだのです。
岩場です。

とっさに右手を、ガツーーーーーン!!!!っと、ついてしまいました。
手の平なら良かったのですが、大切な右の親指から付いてしまったのです。

僕はマッサージの仕事について18年間。この親指で、億までいくお金を生み出してきました。

この親指で、家のローンを支払い、家族を養ってきました。


親指の爪は割れて、血が出てきました。
血くらいならいいのです。
その後、親指の付け根がジンジンと痛くなり出しました。

そして、ほんの少し1ミリでも動かすとズキーーーン!!!と激痛が走りました。
とてもとてもとても、マッサージができる状態ではありません。

冬休み最終日だったのですが、冬休みを延ばさなくてはいけなくなりました。仕事はとても無理です。
病院に行きました。幸い骨折もヒビも入ってなかったのですが、重度の突き指・打撲です。

 

しかし医師に言われました。

『折れた方が、結果的には治りが早いんですよね💦』

 

病院の待合室で、頭がグルグルグル回りました。

「どうしよう、どうしよう、どうしよう」

 

自動車保険は入る必要があります

頭の片隅では「もし親指に何かあったら…」という思いは、いつもありました。

家族を養う責任があるので、常にアンテナを張っていました。

そして
web集客コンサルティング。セミナー講師をするようになりました。
しかし、マッサージからの収入がダントツに多いのです。
安定して入る収入がマッサージです。

マッサージ業が安定しているからこそ、コンサルティング業やセミナー講師ができるわけです。

自分の仕事でweb集客できてないのに、コンサルティングもビジネス講師もできません。

僕のビジネスの根幹になるのは、リラクゼーション業です。

そのリラクゼーション業に不安が走りました。
娘はまだ11歳です。
まだまだ収入が必要です。

今こうして発表できるのは、親指がおさまったからです。
しかし、これを機会に、いろんなことを考えました。今後のことです。


「思考は現実化する」
なので、「もし親指を骨折したら」とか考えないということも必要かと思います。
不安な思考は、不安を呼びます。


しかしそれは、保険に入らないで車を運転することにも近い感覚です。
個人事業主なので、常にリスクを考えながら仕事をする必要はあります。

家族を養い続ける責任があります。

政治に文句を言っても、ないものはない

そこで僕は嫌いだったネットワークビジネスに着目しました。
ドテラ製品のネットワークビジネスを、事業の一貫として挑戦してみます。


ドテラ製品は、3年ほど愛用しておりました。

ご縁があり、ビジネスにするつもりはないまま愛用しておりました。


ネットワークビジネスに挑戦してみようと思ったきっかけはもう1つ。
これまた頭の片隅にいつもありながら、どうにもできなかった重度障害者の甥のためです。

 

17歳になる甥は、生まれつき車椅子です。

下半身が全く動きません。

排泄も自力ではできません。

 

そして知的障害もあります。

母親である姉は、シングルマザーで養育費のないまま3人の子供を育てました。

3番目の甥のことがあり、365日必死で働き育てています。

 

いつか僕も姉も、甥より先に死ななくてはいけません。

その時、頼りになるのはやはりお金なのです。

 

僕も含めて、みんな自分の生活を成り立たせるだけでも精一杯です。

世界経済を勉強すると、日本はやはり先行き怪しいです。

 

国が副業を勧めたり、年金が危ない発言をしたり。

僕は国をあてにはしていません。

 

どう文句を言っても、国だって「ないものはない」のです。

その時、慌てないようにしたいのです。

ドテラのネットワークビジネスは可能性あっても、やはり嫌われるのは怖い(^_^;)

ドテラのネットワークビジネスをする。

これはとても勇気のある決断でした。


それは当然、ネットワークビジネスは印象がメチャクチャ悪いからです。
きっとこのメルマガで、解除する方もおられるかと思います。

「中和田さんが、とうとうマルチに走った!」と思う方もいるでしょう。
でも、安心してくださいね( ´∀`)
これを読んでいる、リアルで私を知っている方。
私から声をかけることはありません。

勧誘はしません。

 

これから出会う方も、私から「今世紀最大の凄い話しがあるんだけど!」なんて言い出しません(笑)
このメルマガを読んで興味を持ってもらったら、もちろん話させて頂きますけどね( ´∀`)

僕がしている進め方です。

●友人・知人・親族は、基本的に勧誘しない。

●自宅で空いたweb発信をしていき、興味ある方からの連絡を待つだけ。

●セミナーや勉強会などの集まりはしない。僕自身、まだ一回もセミナーには行ったことがありません。

 

僕はここ数年、web集客を専門にセミナーやコンサルティングをしてきました。
大好きな分野なので、そこはさらに強化していきます。
だからこそ、オンラインだけで進めるネット ワークビジネスができると思っております。

 

ネットワーク ビジネスが嫌われる理由は、
●友人にしつこく声をかけること。お茶代や食事代もバカになりません。
●アップに煽られて、製品を大量に買うはめになること。
●勉強会やセミナーなど、「家族のため」に始めたはずなのに、「ネット ワークビジネスのため」に家族を犠牲にすること。勉強会やセミナーにもお金がいちいちかかります。
●盲目的に「○○の製品は世界一!!!」と洗脳させられること。友人ドン引きです。

 

などなど
ネットワークビジネスが嫌われる理由を、なるべく削除したビジネス方法をお伝えします。
私がネットワークビジネスの進め方が嫌いだったからこそ、提案できるノウハウかと思います。

ネットを散々調べ
「なぜネットワークビジネスは嫌われるのか?」
「なぜドテラは嫌われるのか?」
を全て調べた結果、金銭的リスク・信頼を失うリスク・膨大な時間を消費するリスクを、極力排除したビジネスノウハウです。

10年後、20年後
自分の生活は大丈夫なのかな???
と、少しでも気になりましたら↓クリックしてくださいね!


 

YouTubeチャンネル

 

中和田收 中和田夫婦

■こちらも確認お願いします!■

★アメブロで集客したい方は絶対にクリック

★ビーチクリーン企画

★Facebookでしか出さない記事もあります

 

ドテラに興味ある方は、こちらをクリックして「友だち追加」してくださいね。

定期的に情報は行きますが、こちらからセールスすることはありません。

友だち追加