心理学を学ぶと、お金儲けにはつながりやすいですが… 96

今年に入ってから、Facebookに関わる時間を大幅に減らしました。

 

それは何故か?

 

「お金を稼ぐ」ということに、本気で挑もうと決めたからです。

 

Facebookはこれからも勿論使いますが、関わり方を変えて行こうと思います

Facebookでそこそこ人気者になったが…

Facebookでは「ファンでした!」「お会いできて嬉しい!」などの言葉をたくさんいただきました。

 

嬉しくないと言ったら嘘になります(笑)

 

僕みたいなショボい自分の人生の中で、そんな言葉をもらえることは、本当に本当に嬉しかったです!!

 

しかし、僕の中で縛りが出てきてしまいました。

 

「ファンと言ってくれる方の期待を裏切れない」

 

コメントが来たら、しっかり読んで返しました。

 

ココロの問題をテーマにした記事を書き続けてきたので、個別で長文相談も来ました。

 

そこに関わる時間とエネルギーは膨大だったのです。

 

睡眠時間・家族との時間・仕事関連の勉強時間・自分の時間

Facebookでかなり奪われました。

 

コメントはたくさん来ますし、長文個別メッセージもハンパありません。

 

いちいち返さないというスタンスの人もいますが、僕は違いました。

 

数秘の誕生数6がある通り、人から求められることは、なるべく答えたいという気持ちになりました。

 

「返答がなかったら悲しいだろうな…」

「冷めた感じの返答だとガッカリするだろうな…」

 

そしてやはり、そもそも自己肯定感の低い僕には、「頼ってくれている」という存在は有り難かったです。

 

1つ1つ丁寧に返していました。そこに関わる時間は、1日の大半を占めていた時もあります。

 

個別メッセージがあまりにも多くなったので、2時間9000円というセッションの仕事を始めたくらいです。

https://nakwada2.jimdofree.com/

 

しかし、セッションの仕事というのは、持続性に乏しいです。 

心理学を学ぶと、お金儲けにはつながりやすいですが…

セッションの仕事というのは、一度受けたら、しばらく必要ないかと思います。

 

必要ないようにするのがプロだとも思います。

 

持続して欲しいという気持ちは、相手に「いつまでも悩んでいてね」ということにもなりかねます。

 

僕が思うのは、年に一回くらいでいいかと思います。

 

年に一回、「今の自分を知る」という意味で、プロに話し聞いてもらうというのは必要かと思います。

 

年に一回では、僕はとても家族を養えません。

 

「いつまでも悩む」という状態でいてくれた方が、僕は家族を養えます。

 

しかしそれは、とても不健全と感じます。

 

心理学をきちんと学んでいると、いつまでも依存させる状態にさせることは、そんなに難しくありません。

 

そもそもココロが弱っている人をターゲットに「わたしはあなたの味方よ。あなたはあなたのままで素晴らしいわ」と言い続けると、その言葉を聞きたくて依存します。

 

逆のパターンもあります。あえて誰も言わないような叱咤をして依存させるやり方もあります。

 

M気質かS気質か、そこの見極めで対応を変えるやり方もあります。

 

それが友人なら構わないかもしれません。

 

しかし、1回2時間15000円とかお金がかかるのです。

 

知っている中で一番高いのは、数時間のセッションで49万円。

 

言葉も巧妙です。

 

「49万円支払うというのは、自分に49万円の価値があるから払うのよ。自分への投資として49万円支払うのよ」

 

一見、さも正しいようなことに聞こえますが、事実として49万円は貯金から消えるのです。

 

このようにして、年間100万とか支払った人の話しを聞いたことがあります。

 

「結局、言っていることはみんな同じ」

 

僕はこれからもセッションの仕事も続けていくと思います。

 

何故なら人間が好きだからです。

 

しかし、セッションの仕事で家族を養うというのは、心理学を操って依存させるテクニックを使うしかありません。

 

ココロを扱う人で大儲けしている人は、この心理学をよく学んでいます。

 

心理学を頑張って勉強して、依存させて生計を立てる人。

 

そこにお金をどんどん注ぎ込む人。

 

需要と供給の利害が一致しています。

 

最終的に払う側が納得しているのならば、それはそれで良いかとは思います。

 

でも僕は、依存させるためのテクニックとか使えません。どんなにお金が欲しくても、それだけは使いたくありません。

 

心理学というのは、人を少しでも楽にさせて自立してもらうこと。

 

いつまでもいつまでも、お金を支払わせることはできません。

 

そのような裏側を知った上でも、僕はこの仕事も続けていくと思います。

 

役に立てるなら、やはり役に立ちたいと思います。

心理を操るやり方より、ネットワークビジネスの方がよほど健全

ドテラネットワークビジネスはじめ、ネットワークビジネスの印象悪い人がたくさんいると思います。

 

しかし僕は、心理学を応用して、いつまでも弱い人間を弱くさせておくより全然いい。

 

ネットワークビジネスに対する否定は、これにつきます。

 

「相手の空気を読まない、一方的な勧誘をしなければいい」

 

今までは、オンラインだけでやるべきだ!!と思ってきましたが、それは少し変わりました。

 

結局、「どのようにセールスするか?」につきると思います。

 

今まで書いてきたアメブロFacebookでは「お金を稼ぐことに力を入れます」というスタンスはとても書けません。

 

このブログで初めて中和田收を知った方は、よく分からない内容だったかと思います。

 

家族と生涯安心して生活できるよう、「お金を稼ぐ」ことに決意表明した内容でした。




自己紹介 

●中和田收(なかわだおさむ)

●茨城県在住

●1968年10月15日生まれ

●2004年・リラクゼーションサロン・グリンブルー開業・現在web集客コンサルティング・web集客代行業・webデザイン業・セミナー講師などをしております。2019年より、避けていたドテラビジネスを本格的に開始。

ドテラ製品購入はこちらから。製品カタログが欲しい方は送ります。

下のLINEからご連絡くださいね😀

https://www.mydoterra.com/osamunakawada/#/

中和田收プライベートブログ

https://ameblo.jp/osamusasi/

中和田收Facebook

https://www.facebook.com/osamu.nakawada

中和田收youtube

https://www.youtube.com/channel/UC0DpP26gn4XJ1_MhxmmUtLw/videos?view_as=subscriber

少しでも興味湧きましたらLINE@登録宜しくお願い致します。しつこい勧誘などしませんのでご安心くださいね😀

友だち追加