日本では、なぜネットワークビジネスが嫌われるのか? 98

日本では、なぜネットワークビジネスが嫌われる

世界的に見ても、日本だけがネットワークビジネスに対する批判が強いです。

 

ネットワークビジネス発症と言われるアメリカはどうなんだ?

 

面白いことに、MLM批判でバズっているYouTuber「マスザワ内閣さん」が、実際のアメリカ人にインタビューしてみました。

 

「ああ…そういうスタイルのビジネスがあるよね」くらいだったのです。

 

ああやはり、日本がとても批判されるのだな…

 

批判動画や、批判記事をさんざん見て読んで分析できたこと。

 

なぜ発祥の地アメリカでは批判されず、日本は批判対象になるのか?

 

なぜ、ここまで嫌う人がいるのか特集!

どうせ上が儲かる仕組みになっているんでしょ

「どうせ上が儲かる仕組みになっているんでしょ」という批判。

 

これはプランを知れば、少なくともドテラに関してはありません。

先に始めた人の方が有利であることは確かです。

 

しかし、先に始めた人は全く会員を増やさない。

後から始めた人は、毎月会員を増やしてる。

だとしたら、確実に後から始めた人の方が収入が高いです。

ドテラだけしか知りませんが、他もそうだと思います。

 

もう一度、言いますが、先に始めた人が有利ではあります。

 

ここで言いたいのは、「上が儲かるのが、そんなに嫌なのか?」という事です。

 

 

マクドナルドで店長になった。

どんなに頑張って働いても、上にいる社長の方が儲かってます。

 

トヨタのトップセールスマンになった。

どんなに成績を上げても、トヨタ社長の給料には敵いません。

 

ヒカキンのように、トップユーチューバーになった。

どんなに稼いでも、Google会長には及びません。

 

 

どのフィールドに行っても、自分より儲かる人がおります。

 

それがそんなに嫌なのか?

 

それがそんなに批判する事柄になるのか?

 

多く稼いだら、多く稼いだだけ税金も凄いよ!

 

です。

 

 

上に立つ人間は、それなりの能力がある。努力もしてきている。大きなリスクも抱えているでしょう。

 

僕には到底、そんな能力はありません。家族がいて、大きなリスクも負えません。

 

 

ネットワークビジネスは、上の人は左ウチワで、お金がチャリチャリ入っている。という人がおります。

 

それは誰に聞いたのですか?と言いたいです。

 

もしそんなことを言って誘っている人がいたら、それは絶対にネズミ講ですよ(ここでMLMとネズミ講の違いは語りません)

 

 

そして、ネットワークビジネスに限らず、お金を使えば誰かの収入になるんですよ。

 

コーラを飲めば、コカコーラ社長が儲かる。

 

ホンダ社製の車に乗れば、ホンダの社長が儲かる。

 

電気を使えば、電力会社社長が儲かる。

 

それはネットワークビジネスに限ったことではありません。

 

それがそんなに嫌ですかね???

 

 

もしこれを読んでいるアナタが、何かしらで収入を得ているとしましょう。

 

アナタの給料のほとんどは、会ったことのない人が支払ったお金で儲かっているのですよ。

 

お給料というのは、社長のポケットマネーで出しているのではありません。

 

アナタの会社にお金を支払った人から出ているのです。

 

アナタの会社にお金を支払う人が1人もいなければ、アナタにお金は入らないのです。

 

アナタも、どこかの誰かが支払ったお金で儲けているのですよ。

 

と言いたい。

 

アメリカ人は正直。日本人は本音と立て前。

従来のネットワークビジネスのやり方で良く言われる正攻法。

 

「私はうまく説明できないんだけど、とにかく凄い話しなのよ!」

と友人を誘い出す。

 

友人は何が凄いのかサッパリ分からないが、付き合いもあるので誘いに応じる。

 

行ってみたらいやに親しげにニコニコしたアップさんがいて、延々と話し出す。

 

時間というものは、二度と戻りません。

これは、時間泥棒という大罪をされたことになります。

 

個人的に、時間泥棒はもの凄く嫌います。

 

 

ここでアメリカ人なら。

 

アメリカ人はストレート過ぎるので、最初からストレートに話すんじゃないかと思ったのです。

 

「Hey!ジョン!ビッグな話しを持ってきたぜ!○○というネットワークビジネスというやつなんだけどな!一緒にやろうぜ!」

 

「Oh!ボブ!俺は全く興味ないぜ!株のトレードで忙しいんだ。そんなことより新しくできたレストランのステーキが美味いらしいぜ!」

 

「WAO!!これから行こうぜ!!」

 

映画が好きなので、アメリカ映画も良くみます。

 

アメリカ人はストレートなので、友人に声をかけても簡単に話しが終わる。

 

 

アメリカ人は、気が短くはっきりもしている。

 

例えば、詳細を知らせないで誘ったりして、そこにアップさんがいた。

 

それが望んでもいないネットワークビジネスと知ったら。

 

その瞬間「これが目的で誘ったの?2度と連絡しないでくれる!」と怒鳴りそうです。

 

映画を観ていると、良く思います。

 

「キレるのはやっ!!」

 

 

これが日本人なら、苦笑いしながらも、いつまでも話しを聞くタイプが多そうです。

 

セミナーとかも、途中で帰ることができないタイプが多そうです。

 

なあなあに断れなくて入会。後から「マルチ商法に引っかかってしまった!」とネットで書くんじゃないかな…と。

 

僕はですね、苦笑いしながらも話しを聞いてしまうタイプなんですよ💦

 

近年はもう「ああ…MLMね」と空気で分かるのです。

 

リラクゼーションサロンなんて経営していると、良く声をかけられるのですよ。

 

それはもう単刀直入に「ネットワークビジネスですか?」と聞いてしまいます。

 

そして話す時間は持てないので、資料だけください…と丁重に伝えています。

 

今のところ、それで興味を持ったことは一度もないですけどね。

 

ドテラだけが最高!!!とは思っていないのですが、これはもう縁としか言いようがありません。

 

 

日本のネットワークビジネスでは良く

「詳細は絶対に言わないで、とにかくワクワク感を伝えるのよ」と指導されることが多いらしい。

 

もちろん僕もそのような勧誘にあったことがあります。

 

もうね、それされると興ざめします💦

 

日本の清貧は根強い

日本はまだまだ、抜きん出てお金を稼ぐ人はという印象が抜けきれない。

 

お金より大切なもの…を優先する姿が賞賛される。

 

僕もそういうところがあるので、そこはやはり日本人なんだな…と思います。

 

MLBに行った大谷選手

引用元https://spread-sports.jp/archives/26431

 

2年待てば契約金200億とも300億とも言われた逸材です。

 

しかし彼は早くMLB行くことを優先して、年棒6000万という破格の契約で海を渡ったことは、大きな話題になりました。

 

僕も正直なところ「カッコいいな」とは思いました。

 

アメリカ人の本音を言うと「え?なんでやねん!」だそうです。

 

 

アメリカ人は、お金をたくさん稼ぐということに、なんの躊躇いもない。

 

ないどころか、「当たり前でしょ」の意識が多い。

 

日本人は、島国的な精神で「みんな平等。みんな平民」意識が強く、まだまだ出た杭は叩かれやすいのではないでしょうか?

 

 

僕もですね。お金より大切なものを重視していています。

 

しかし、先進国に生まれたという時点で、経済的には勝ち組だと思っています。

 

それでも、経済的な夢、経済的な悩みがあるので、ドテラ含めたビジネスはこれからも頑張って行こうと思います😀




自己紹介 

●中和田收(なかわだおさむ)

●茨城県在住

●1968年10月15日生まれ

●2004年・リラクゼーションサロン・グリンブルー開業・現在web集客コンサルティング・web集客代行業・webデザイン業・セミナー講師などをしております。2019年より、避けていたドテラビジネスを本格的に開始。

ドテラ製品購入はこちらから。製品カタログが欲しい方は送ります。

下のLINEからご連絡くださいね😀

https://www.mydoterra.com/osamunakawada/#/

中和田收プライベートブログ

https://ameblo.jp/osamusasi/

中和田收Facebook

https://www.facebook.com/osamu.nakawada

中和田收youtube

https://www.youtube.com/channel/UC0DpP26gn4XJ1_MhxmmUtLw/videos?view_as=subscriber

少しでも興味湧きましたらLINE@登録宜しくお願い致します。しつこい勧誘などしませんのでご安心くださいね😀

友だち追加