ドテラ批判に答えました 27

ドテラの批判というよりは、ドテラ会員への批判ですね。

リンク元

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14203333644?fr=sc_dr&__ysp=44OJ44OG44Op

 

ドテラ勧誘の仕方で、よくあるパターンです。

 

ID非公開さん

2019/2/1120:20:11

 

後輩が、「ドテラ」というマルチビジネスにはまってしまいました。

アドバイスいただければと思います。

「アロママッサージに行こう。友達がやってるの。すごく気持ちいいから」

と誘われて行ってみると、そこはサロンではなく、マンションの一室。

狭いマンションに、10数名の女性たちが居て、山のように置いてあるアロマオイルの説明からはじまり、背中じゅうに、次々とオイルを垂らされてマッサージを受けました。

マッサージ自体は気持ち良かったですが、後日、ネットで調べたら、アレルギーによる健康被害も出ているとか。事前に、アレルギーについて聞かれることもパッチテストも何もありませんでした。
また、マッサージをしているのは、正式な資格も持たないような人らしいです。
よく考えると、とても怖いことです。

出された紅茶にも、レモン風味のオイルを垂らされました。

ドテラのオイルは高品質なので、飲むことができる。精神不安定が治った。インフルにもかからない、生理痛がなくなった、と怪しい宗教そのもの。宗教のように、やたらと大きなパワーストンブレスレットや数珠のようなものを首から下げた女性がいて、教祖のような風格の、貫禄のある年配女性が仕切っていました。

しまいには、キャンペーン中だとかで、6万円~数十万円のキット購入の契約を迫られました。

なんだかんだで、はぐらせて、命からがら逃げてきましたが、腹立たしくてたまりませんでした。
ただのマッサージサロンのように誘って、このような勧誘方法は、違法性はないのでしょうか?
また、正式な資格もないような人が、アロマオイルでマッサージしてもよいのでしょうか?

しばらくは後輩に対しても腹を立てていましたが、彼女はすっかり洗脳されていて、ドテラのアロマを盲信しており、毎日のランチの時に、カプセルに入れてオイルを飲んだりもしているようで、それはそれで心配です。

「本当に健康に、幸せになって欲しい人に声をかけている」
と言っていましたので、本人に騙すつもりはないのだと思います。

職場で、やはり彼女に誘われて、断りきれずに、取りあえず数千円の入会金のみ払って、既に入会してしまった人もいるようです。
まだ誘われていない、仲のよい数人には、気をつけるように話をしておきましたが、職場にドテラが広がっていかないかと心配です。

私なりに調べたところ、ネットビジネス自体は、違法ではないとのこと。
ですから、職場ではの勧誘はやめるように、などと後輩に強く言うと、パワハラと言われかねませんよね?

上司に相談しようかとも迷っていますが、そのために後輩の立場が悪くなったりしたら、私もいい気持ちがしませんし、恨まれるのも辛いです。

このまま傍観しておくしかないのでしょうか?

 

私自身は、

「とても不愉快だったし、騙すようなよくないやり方だから、二度と私にドテラの話はしないで」

と、後輩にキッパリと伝えました。

 

 

①「ドテラ」というマルチビジネスにはまってしまいました

誰が何にはまろうが余計なお世話かと思います😅

ジャニーズにはまろうが、ゴルフにはまろうが、ワインにはまろうが

 

②マッサージをしているのは、正式な資格も持たないような人らしいです

「マッサージ」という言語を使ったのなら、3年通う国家資格がないと違法になります。アロマケア・アロマトリートメントなら、民間資格で大丈夫です。この方は神経質なタイプです。そもそも、そういう人を誘うのはトラブルの元です。

 

ドテラでは「アロマタッチ」という独自の資格がありますね。

 

③出された紅茶にも、レモン風味のオイルを垂らされました

ドテラを嫌う理由の1つに、断りもなしにオイルを垂らされた。ということが多いです。これは断ってから垂らした方が良いかと思います。

 

ネットを調べると、一般的にアロマを飲用するというのはNGになっております。

しかしこれは、法律で決まっているというようなものではありません。

昔からの常識から来る思い込みです。

 

昔からの常識だけでしか物事を捉えられない。目新しいことは「なんだか怖い」。という方もいるので、勝手にいれちゃうようなことをすると、「ドテラ危険!!」と騒ぐような方はいるようですね💦

 

ただ、人それぞれ体質というものがあります。

例えば僕は、最近牛肉を食べると、かなりの確率でお腹を下します(笑)霜降りの高い牛肉ほどダメです(笑)

 

だからと言って「牛肉危険!!」とは思いません。

年齢的に、残念ながらそういう体質になってしまったということ。

 

④アレルギーについて聞かれることもパッチテストも何もありませんでした。

 

僕はこういうことは全く気にしないタイプなので、気にする人がいるということを気にしていようと思いました。

 

ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、「神経質な人」「俗世間的常識人」は、そもそも勧誘しない方が懸命かもしれません。

 

⑤ドテラのアロマを盲信しており、毎日のランチの時に、カプセルに入れてオイルを飲んだりもしているようで、それはそれで心配です

 

これもまた余計なお世話です😅迷惑をかけないのならば、オイルを飲もうが、酒を飲もうが、タバコを吸おうが、コーラを飲もうが、コンビニ弁当食べようが、人の自由です。

 

⑥キャンペーン中だとかで、6万円~数十万円のキット購入の契約を迫られました

 

どのような言い方をしたのか分かりませんが、結果的にセールスになると、誘われた人の印象はとても悪くなります。「なんだ結局売り込みかよ!」になりますね💦

 

確かに「初回購入」は買い方によってはお得です。

ですが、相手の空気を読んで話すことが大切かと思います。

 

空気を読めないで話すと「迫られた」ということになりますね。

 

⑦ただのマッサージサロンのように誘って、このような勧誘方法は、違法性はないのでしょうか?

 

違法性はグレーですが、イメージはメチャクチャ悪いですね。ドテラ社では、あらかじめMLM商法だということを伝えてください。と規約としてあります。ドテラ社としては規律違反になります。

 

もしも本当にマッサージサロンとして誘ったのなら、ドテラの話しはいっさいしない方が良いかと思います。

 

僕はリラクゼーションサロンを経営しているのですが、サロンにはドテラの製品を置いてあります。

 

「これはいったい何なのですか?」と聞かれない限りはいっさい話しません。

 

まぁそもそも、リラクゼーションのお客様を誘うつもりはありません。

 

⑧「本当に健康に、幸せになって欲しい人に声をかけている」

 

勧誘した人の気持ちは分からなくもありません。僕もドテラは製品も報酬プランも気に入っています。毎月11900円支払ってミネラルを家族3人で飲んでいます。長い目で見た時に、1人あたり4000円程度で将来的な健康が守れるなら激安と思っています。

 

うちにはジュースを置いてありません。11歳の娘は基本的にミネラルを水で割って飲んでいます。

 

休日出かける時には、ドテラのミネラルを水筒に入れて出かけています。

「毎月11900円も出すの?」って人もいますが、外で飲料類を買うことを考えたら、僕は絶対安いと思いますよ。

 

500mlペットボトルを買うより安上がりだし、身体にも良い。子供にも飲みやすい。

 

経済的に困難な方は、僕のオンラインMLMで活動すれば、かなり可能性はあると思います。「お金が厳しい」とか聞いてしまうと、ついつい言いたくなります💦

 

しかし結局、お金を支払わせることになりますので「あなたのために」みたいなことは言いません。

 

MLMと分かった途端「自分が儲けたいために利用してるんだろ」と取られる可能性が大です。

 

そして「自分も儲けたい」はありますからね。

 

僕は「自分も稼ぎたい」「入会してくれた人にも稼いで欲しい」「そして健康になりたいし、なって欲しい」

 

⑨職場で、やはり彼女に誘われて、断りきれずに、取りあえず数千円の入会金のみ払って、既に入会してしまった人もいるようです

 

押しの強い勧誘をしているようですね。これはいけないですね💦

典型的なMLMが嫌われるパターンの話しでした。

 

ドテラは製品もいいし、ビジネス会員になればポイントバックもある。いい製品を伝えたら権利収入にもなる。

こんないい話し伝えなきゃ!!!

と特に始めたばかりの人はなるかもしれません。

 

MLMとは言わず

アロマ勉強会

アロマトリートメント無料

など使って勧誘するパターン。

これを読んでいる人の中にもいるかもしれません。

 

とにかく人数を集めれば、その何割かは入会するかと思います。

今回の批判者がいたとしても

「ドテラが分からない可哀想な人は、もうほっときましょう」

みたいなことを、アップから言われると思います。

 

このようなやり方を連鎖していく勧誘方法は、そろそろ終わりかもしれませんね。

現代はこうしてネットがあるので、どんどん情報が流れていきます。

 

ドテラで大きな報酬を得ている人は、こういうことが起こっている上で成り立っている報酬だということ。これは恥ずべきことです。

 

僕が進めているオンラインMLMは限りなくクリーンです。

興味ある人だけが連絡をくれればいいだけです。

 

無理な買い込みや、目的を言わないで誘うようなことはしません。

 

これ以上、MLMやドテラが笑われるビジネススタイルであることが我慢なりません。

 

MLMは社会的弱者が救済されるビジネスだと思います。

ドテラは社会貢献も素晴らしく、報酬プランは会員を優先しております。

そして何より、素晴らしい製品です。

 

まとめ

①神経質そうな人。クレーマー気質な人。「普通は…」「常識的に…」などすぐに使う人は誘わない。

 

②闇雲に声をかけない。

 

③相手の空気を読む訓練をする。

 

④最初から「ドテラというネットワークビジネスです」と伝えて誘う。

 

以上をまとめると、オンラインで進めた方がやはり良いかと思います。




自己紹介 

●中和田收(なかわだおさむ)

●茨城県在住

●1968年10月15日生まれ

●2004年・リラクゼーションサロン・グリンブルー開業・現在web集客コンサルティング・web集客代行業・webデザイン業・セミナー講師などをしております。2019年より、避けていたドテラビジネスを本格的に開始。

ドテラ製品購入はこちらから。製品カタログが欲しい方は送ります。

下のLINEからご連絡くださいね😀

https://www.mydoterra.com/osamunakawada/#/

中和田收プライベートブログ

https://ameblo.jp/osamusasi/

中和田收Facebook

https://www.facebook.com/osamu.nakawada

中和田收youtube

https://www.youtube.com/channel/UC0DpP26gn4XJ1_MhxmmUtLw/videos?view_as=subscriber

少しでも興味湧きましたらLINE@登録宜しくお願い致します。しつこい勧誘などしませんのでご安心くださいね😀

友だち追加