僕はなぜドテラなのか? 32

ドテラのペパーミントにやられました

僕がドテラに興味を持って会員になったのは、ペパーミントの香りに癒されたからです。

ドテラという会社が、ネットワークビジネスということは以前から知っていました。

 

ペパーミントが欲しかっただけで、ビジネスなんてやる気はありませんでした。

だって…

どうせ友人に声をかけるしかないんでしょ。

そう思っていたからです。

 

リラクゼーションサロンを経営していますので、常にアロマを焚いていました。

以前からドテラのアロマは良いと聞いていたので、じゃあ会員になって買おうかな…と。

 

そんな感じで使い始めたので、ドテラがどんな社会貢献をしているかなどは知りませんでした。

 

アメリカでは医療費が諸外国と比較しても非常に高額

日本は健康保険制度がしっかりしているので、「病気になったら病院に行く」という当たり前の選択があります。

しかしアメリカでは、病気になっても我慢するしかない…という選択しかない人も沢山おられます。

 

何故なら、医療費がめちゃくちゃ高いからです💦


アメリカは日本と比べて、予防医学が発達しております

『病気なったら、めっちゃ金かかるやん!!』

という意識です。

 

子供の頃からビタミン剤を飲むのも、そんなに珍しくはありません。

何故なら

『病気なったら、めっちゃ金かかるやん!!』

 

アメリカと言ったら、ピザとコーラの国。

食生活というものは、なかなか変わりません。

そんな時、良いとは言えないですけど、とりあえずサプリメントで補うか!という意識は日本より強い。

何故なら

『病気なったら、めっちゃ金かかるやん!!』

 

良くも悪くも、サプリメント先進国ではあります。

日本以上に、サプリメントに対する意識は高い。

アメリカ発の、予防医学を提唱しているドテラは信頼ができます。

 

アメリカかぶれではありませんが、この考え自体には賛成です。

「病気になったら病院に行く」ではなく「病院に頼らなくても良い生活」意識が、もっと広まればいいと思っています。

 

もちろん普段の食生活・軽度な運動も重要ではあります。

 

農薬を1度も使用したことのない土地で、無農薬で栽培された植物からドテラのアロマは作られます

これは安心します。農薬使用のアロマを部屋で焚いていたら、農薬を散布するようなものですから💦

このようなことを「信用できない」というアンチMLM・アンチドテラの方はおりますが、信用できない人を説得する必要はありませんね。

これを読んでいるドテラ愛好家さん。

感情的になって反論したりすると、「ドテラ教にハマっているww」とか言われます。

「わたしは体感として信用しているから、わたしは使ってるのよ」と笑顔で返された方が良いかと思います。

 

植物を摘み取る時間や抽出方法、ガソリン臭をつけないために、車で運ばずロバや人力で運ぶ

この徹底さも素晴らしい!これもまた「信用できない!あなたは実際見たの?」という方は必ず出てきます。

ほっときましょう。

説得はやめましょう。

 

東日本大震災でもドテラのアロマは無料で提供されハンドマッサージに使用されました

批判者は売名行為!という方がおります。

営利が無ければボランティアに回す資金はありません。

 

そして実際の話し、無料で受けた結果、その後しつこい勧誘など受けたなんて話しはありません。


どんどん売名して利益を生み、それを然るべき場所に回して欲しいです。

経済的に豊かでなければ、他人に回す時間もお金もありません。

僕もそういう立場の人間になりたいです。

 

梅沢登美男さんが仰っておりましたね。

『売名行為で何が悪い!やれるもんならやってみろ!』ってね。

スカッとしました。

 

僕はですね、ボランティア活動して『売名行為!』と批判されるくらいの人間になりたいです。

 

発展途上国で労働を生み出し、貧困者がまともな生活を

最低限の教育さえも受けられない子供たちは、世界に沢山存在しております。

せめて読み書きと計算くらいできないと、貧困はいつまでも連鎖します。

 

ドテラは途上国に労働を生み出し、適正な賃金を支払っております。

 

高品質で安価なアロマは、ドテラ以外にあるかもしれません。

しかし、僕を含めたドテラ愛用者は、購入するだけでも途上国への支援に繋がっております。

 

僕はこの考えが好きです。

フェアトレードな考えですね。

フェアトレードとは

 

ドテラと同レベルのアロマはあるのかもしれません。

そして、ドテラより安いかもしれません。

 

もしそうなら、途上国に低賃金を押し付けている可能性があります。

『安さ』の裏側には、そういう闇が隠されていることがあります。

 

本人が亡くなった後も子どもや家族が報酬をそのまま引き継げます

僕がドテラビジネスを始めた理由はいくつかあります。

その中の1つが、万が一僕の身体に何かあっても、家族が安心して暮らせるように…です。

これは男性である僕の最低限の責任です。


僕は長年、リラクゼーションの仕事をしてきて信頼を得てきております。

ネットワークビジネスを始めるというのは、その信頼が崩れる可能性もあると思いました。

しかし、男としてはやらなくてはいけないと思ったのです。
生命保険に多額のお金を支払うのなら、ドテラの製品を買いながらビジネスを進めた方がいいと判断しました。

 

ドテラは、作り上げたコミッションの報酬を、家族に引き継ぐことができます。

  

年金はどんどん減らされ長生きするのも不安な世の中になっています


自営業ですから国民年金です。

ドテラのおかげで長生きする予定ですが、国民年金だけでは生活できません。

かと言って、それまでに今の生活を切り詰めて我慢して、老後のためだけに生きるという考えはありませんでした。

 

そして、これを読んでいる人の年齢は分かりませんが、年金が今と同じように出ると思っているとしたら…

それはとても危険な考えです。

 

今のように出すとしたら、今よりもっと税金をあげなくてはいけません。

 

それを嫌った若者層は、どんどん日本を離れています。

今はインターネットで仕事をすれば、日本にいる必要性がありませんから。

 

闇雲に将来を不安がるのも、闇雲に楽観視することも、僕はどちらも良いとは思いません。

僕は慎重派な方なので、楽観した気持ちでありながら、『いざ』という時に慌てない準備をしています。

 

その1つがドテラビジネスです。

 


 中和田收中和田收・業務内容 

ドテラビジネス 

 

YouTubeチャンネル

 

中和田收 中和田夫婦

■こちらも確認お願いします!■

★アメブロで集客したい方は絶対にクリック

★ビーチクリーン企画

★他のブログ記事も宜しくお願いします!

★リラクゼーション・セラピストとしてのブログ

★YouTube施術チャンネル

★YouTubeプライベートチャンネル

★Facebookでしか出さない記事もあります

 

ドテラに興味ある方は、こちらをクリックして「友だち追加」してくださいね。

定期的に情報は行きますが、こちらからセールスすることはありません。

友だち追加