三代投資家で親日家のジムロジャーズ。日本に対しての警告発言。41

ジムロジャースはご存知でしょうか?

世界三大投資家として有名なジム・ロジャースの資産額は公表されおりませんが、387億円くらいでは言われております。

 

世界的な投資家というのは、自国の経済だけでなく、世界をまたにかけて投資をしていくのです。

先見性がなければ、387億円とも言われる資産を作ることはできません。

 

「歴史は繰り返される」

過去の歴史から未来を読み解くのです。

 

ジムロジャースは、親日家を公言していますが、著書でこのようなことを言っております。

 

もう日本円は買わない。

「今、もし私が日本に住む10歳の子供なら、 今すぐ日本を出て他国に移住するか 、自分自身にAK47(自動小銃)を買うだろう」

 

という言葉を残しています。
親日家のジム・ロジャースは、なぜこんな言葉を発したのでしょうか?

 

もうお察しかと思います。

 

日本の経済は落ちるばかりで未来がない。
貧困が進んで犯罪が増えるだろう。

という何とも物騒な未来を言っております。

 

しかしこれはこうとも読み取れます。

 

「こうして警告を出しているんだから、今から備えなさい。もしくは政治を本気で変えなさい」

 

ジムロジャースは、世界中の投資家や経済界で知らない人はおりません。

そのジムロジャースの発言で、株価が動くくらいの影響力がある人です。

 

日本に葉っぱをかけて、株価を上げようとしているとも読めます。

 

僕は政治や会社に未来を任せて、「どうにかしてくれるだろう」という考えは好きではありません。

 

好きではないと言うより「危険」だと思っています。

 

やることをきっちりやって「やるだけやったんだから、何とかなるだろう」と思うようにします。

 

20代の平均貯蓄額

先日、こんなデータも知りました。

今の20代の平均貯蓄額は、約180万円だそうです。

でもこれはあくまでも平均なので、ごく一部の人が飛び抜けていたら、全体の数字も上がります。

 

これを読んでいるかどうか分かりませんが、「え?180万円なんて全然ないよ」という20代もたくさんいるはずです。

 

なぜなら、20代で1千万・1億円と持っている人もいるからです。
なので、平均はあまり参考になりません。

 

僕がビジネスやインターネットを勉強させてもらっているのは、ブログアフィリエイトやYouTuber、プログラミングで収入を得ているマナブさんという方です。

 

お話しの内容、普段の生活を聞いていると、億くらいの貯金はありそうです。

まだ29歳で、僕の息子でもいいくらいの年齢です(^^;;

平均年収も、飛び抜けて高収入がいますので、参考にはなりません。

実際のデータを調べようと思ったら、「中央値」で調べた方が良いのです。
中央値とはデータを小さい順から並べて、真ん中にくる数字のことです。

一番多い層です。

 
20代の平均貯蓄額は平均だと約180万円ですが、中央値でみると「ゼロ」だそうです。
それも全体の45%の人が、貯蓄ゼロという結果です。

 

 

AIの急速な発達により、人間の労働力が必要なくなる

ジム・ロジャースの本には、600人いたゴールドマン・サックスのトレーダーが、数年で2人に減った話も書かれていました。

 

600人が2人にまで減ったのですよ!!!

その理由はAi・人工知能です。 

今後、あらゆる産業にこれらの最新技術が導入され、働き手は不要になります。
もう至るところで言われているので、あえてここで言うことでもないですが、すでにこのようなことは起こっています。

平成は暗いニュースが多かった印象ですが、次の時代はどうなるのか?
不安を抱えている方も多いと思います。

今後、単純労働は、人ではなくロボットが行います。
誰でもできる仕事は、機械に任せておいた方が確実で安全だからです。

 

そうそう先日はこんな動画を観ました。

 

気の毒だと思います。

本人も仰ってました。

「いつ切られていいような職場だと分かっていて入ったのは自分です」

 

派遣社員が企業に抗議している映像もありました。

でも、僕も人を雇ったことがあるから分かるのですが…

 

手元の資金はとうに切れた。

例えば
売り上げが100万で人件費含めた経費が200万。毎月の赤字が100万。

このような状態で文句を言われても、どうしようもないのです。

クビにするな!
福利厚生をもっと改善しろ!
もっと給料上げろ!

なんて言われても
お金。無いものは無いんです。

 

会社や政治に文句を言っても、無いものは無い。

赤字になっている1番の責任は経営側ですが、本当は連帯責任なのですよ。

 

経営側は、倒産させてしまう1番の無責任な状態(昔の僕)にしないため、コストカットとして人件費を削らなくてはいけないのです。

 

 AIコストは、人件費に比べたら格段に安いです。

富めるものは、安い経費で更に富むようになります。

 

スキルがなく、会社に頼るしかない人。

働きたくても働き場所がなくなる時代が確実に来ます。

 

このあたりの危機管理は、僕のような50代より、20代の方があるかもしれません。

僕らはいつまで経ってもバブル経済が染み付いていて、「そんなに焦らなくても、どうにかなるでしょ」感があるように感じます。

 

貧困層が増えたらどうなるか?

犯罪が増えます。

 

僕は未来を闇雲に悲観することも、根拠なく楽観視することもしません。

できる限りのやるべきことをやった上で、「なるようにしかならないだろう」というケ・セラ・セラ精神です😀

 

僕はコンサルティングの仕事をしていく上で、世の中のビジネスシーン・経済状況を見てきました。

そして出した結果が、今のまま楽観視するのは危険と判断したのです。

 

東京オリンピックを境に、経済はかなり落ち込むとも言われております。その流れは、既に始まっております。数字は嘘をつきません。

 

まだ11歳の娘がいるのもあり、計画無しに楽観視するのは父親として無責任です。

というわけもあり、ドテラのネットワークビジネスを始めたのです。

 

何も手を打たないで、傍観するも良し。

念のためにと手を打つのも良し。

それは皆さんの自由です。

 

これを読んでいるあなた様が、まだまだ収入を得る責任がある。上記の後者「念のためにと手を打つ」に当たるのなら、ドテラのネットワークビジネスは可能性があると思います。

 

ネットワークビジネスは、株やFX、仮想通貨より、遥かに安全な投資先のビジネスです。

特にドテラは、製品力と、報酬プラン、オンラインでの勧誘がOKなところが可能性を感じさせます。

 

少しでも興味がありましたら、下記をクリックして確認の上、LINEからご連絡下さいね!

■こちらも確認お願いします!■