ネットワークビジネス。こんな勧誘はイタイタしい 45

ネットワークビジネスしていることは、Facebookでは大きく公表してません。

今回の内容は動画でも話しております

 

僕がドテラのネットワークビジネスを大々的に発表していないのは、Facebook・インスタ・LINEです。

SNSの一番の目的は、コミュニティを楽しむことです。

 

宣伝とかは、本当に嫌われやすいですし、ましてやネットワークビジネスは「イケイケな押し売り」のイメージがどうしてもつきまといます。

 

僕はたまにセミナー(ドテラ関係なし)を開催するのですが、「行ったら最後、ガンガンにネットワークビジネスを勧められる」なんて思われたら悲しいです。

Facebook良かったら申請出してくださいね!↓
https://www.facebook.com/osamu.nakawada

 

とは言っても、ドテラのネットワークビジネスをしていることは、隠すつもりはないのですね。

 

このブログもYouTubeも、リンクは貼っております。

あくまで、待つ姿勢というスタンスです。

 

悪いことをしているわけではないで、顔も名前も出してブログもYouTubeもあげています。

ただ、いちいちアピールしていないだけです。

 

痛々しいネットワークビジネスの誘い方

 

ドテラのネットワークビジネスを始めたことは、メルマガでは発表しました。

どうせ、大して見てないでしょうと思いまして。

 

そしたら、けっこう見てくれているみたいで(笑)

それを見た方がご来店下さいました。

僕と変わらぬ年齢です。

 

そこでネットワークビジネスの話題になり、面白い話しを聞きました。

 

約25年前ほどの話しです。

 

昔付き合っていた彼氏から

「これは絶対にうまく行くから。おまえの幸せを思って言ってんだよ」

とネットワークビジネスのお誘いが。

 

彼女は思いました。

あなたさ…あなたにフラれてまだ数ヶ月で

「おまえの幸せを思って…って💦」

 

フラれて正解だったと気が付いたエピソードだったかと思います。

 

 

こんな誘い方をしてしまうのも、ネットワークビジネスが痛々しく感じさせる理由です(笑)

フッた男が「おまえの幸せを」って(笑)

 

よくもまぁ、フッた女性を勧誘しようとできたもんだと(笑)

自分に惚れていたから、簡単に入会すると思ったんでしょうね(笑)

 

ネットワークビジネスが、批判される言葉として言われること。

「あなたのためにって、それ自分のためでしょ?」

 

「あなたのため」は、怪しい誘い方

 

本当にビジネスがホンモノと思っていたら「あなたのため」もあります。

例えばドテラなら、美と健康が手に入り、経済的に自由になれる可能性もあります。

 

でも、入会してくれたら、紹介者にお金が入ります。

お金が入る限り「あなたのため」を前面に出すのは、まずおかしい。

僕が言うとしたら、自分の生活や夢のためでもありますが、あなたにとってもいい話しかもしれないよ。です。

 

そこは正直に言うべきだとは思います。

 

 

そしてやはり、僕のダウンさんは、僕にとってのお客さまでもあります。

アップとして、オンラインセールスの指導はしますが、それと同時にお客さまとしても見ていきます。

 

指導する立場であるが、お客さまでもある。

そこは忘れてはいけないと思うのです。

 

ネットワークビジネスがおかしいな…と思う点。

アップは上司ではありません。

トップディストリビューター(お金をたくさん稼いでいる人)を、カリスマ的に崇めるのもおかしい。

 

お客さまだから、何でもするというわけではありません。

そもそも、今までもビジネスをしてきていますが、そういう考えはありません。

ビジネスは最後、自分との戦いでもあるからです。

 

お客さまであり、ビジネスパートナーでもある。

これは、ネットワークビジネス独特の感覚でしょう。

 

 

僕はキャッチコピーのように

1年で5人のビジネス会員をリレーションしていけば、7年後には月収6632万円とか言っております。

 

これを聞くと鼻息荒くなりがちですが、もし本当に達成したかったら、焦らず地道に進めることだな…と自分にも言い聞かせています。

 

僕はこういう考えでドテラのネットワークビジネスをしています。

もし経済的な夢があるのでしたら、一緒にドテラのビジネスをしませんか?

■こちらも確認お願いします!■

★各種お仕事の案内

★他のブログ記事も宜しくお願いします!

★リラクゼーション・セラピストとしてのブログ

★YouTubeビジネスチャンネル

★YouTubeプライベートチャンネル

★Facebookでしか出さない記事もあります

 

ドテラに興味ある方は、こちらをクリックして「友だち追加」してくださいね。

定期的に情報は行きますが、こちらからセールスすることはありません。

友だち追加