ネットワークビジネス黒歴史

僕がドテラの仕事で成功できた大きな理由は、

過去にネットワークビジネスで大きな失敗をしているからです。

 

長い記事になりますが、

本気で人生を変えようと思うかたは、

ぜひご一読いただけたらと思います。

 

特に現在、

ネットワークビジネスを、

どんなに頑張っても上手くいかないかた。

 

ネットワークビジネスを検討しているけど、

迷っているかた。

 

収入がそこそこ入っているけど、

なぜかお金が残らなく、

時間に追われているようなかた。

 

読まれると良いでしょう。

 

 

 

僕が現在、

過去の努力量の半分以下で、

毎月サラリーマンボーナスより多い月収を、

ドテラさんからいただけるようになりました。

 

2004年から続けているマッサージ業、

2016年から続けている道ひらき数秘業、

そのまま続けている状態です。

 

 

 

現時点でも、

頑張っていると言ったら頑張ってます。

 

が、努力ではなく『コツ』なんだなと分かりました。

 

それは過去に大きな失敗をしているからです。

 

 

 

 

 過去の経験から学びにしました。

 

過去にしてしまった過ちとは、

全て当時のアップ(いわゆる成功者)から学んだことを、

素直に実行したことです。

 

当時34歳で登録(21年前)

 

今振り返れば若かったし、

無垢だったと思います。

 

 

 

まだガラケーで、

インターネットが普及されていない時代。

 

今と違い、

ネットワークビジネスでたくさんの被害が出ていることも、

まだ情報少なかったです。

 

成功者の意見は参考程度には聞き、

それが自分に合っているかどうかを考えることが大切です。

 

一気読みした、

OWNDAYSの田中さんも仰っていました。

 

常識を全て覆しながら、

赤字だらけの会社を再生した人です。

 

キャラがみんな違うのに、

同じことを言われたようにやっても

うまくいくわけはない。

 

 

 

 

 20歳くらいからネットワークビジネスに誘われる

 

20歳くらい(今から35年前)から、

ネットワークビジネスのことは知っていました。

 

 

 

アムウェイのセミナーに、

半ば拉致状態で参加させられ嫌な思いをしました。

 

ニュースキンで1億稼いでいるという人と食事したのですが、

あまりにも品がなくて不快だったという経験もあります。

 

僕が人に魅力を感じるのは

『お金をたくさん稼いでいる人』

ではありません。

 

 

 

ネットワークビジネス成功者と言われる人間によくいる

『アタシお金持ってます』
『オレ成功者』

という、ギラギラした身なりしているのも好きになれませんでした。

 

ネットワークビジネスは、

お金に支配された銭ゲバ人間が、

鼻息荒くやるビジネスとイメージされてしまいました。

 

 

 

何回もお伝えするかと思います。

 

アムウェイさんが悪いわけではない。

ニュースキンさんが悪いわけではない。

 

そこに関わる人間が、

イメージを悪くしているだけです。

 

 

 

若くて尖っていたこともありますが、

基本的な価値観は変わりません。

 

『お金をたくさん稼いでいる』ことと

『人間的魅力』は、まったく関係ない。

 

お金があってもなくても、

良い人は良い人。

嫌な人は嫌な人。

 

それをまざまざと教えてくれたのが、

ネットワークビジネスでした。

 

 

 

 

 ニューウェイズ(現モデア)を知った時の衝撃

 

気分悪くされるかたがいますので、

しつこくお伝えします。

 

ニューウェイズ(現モデア)という会社は、

製品も理念も素晴らしいです。

 

ニューウェイズが悪いのではなく、

言いなりになっていた僕が悪いです。

 

 

 

29歳くらいから、

妻とは事実婚という形で

一緒に生活を共にしていました。

 

その妻の友人真由美(仮名)から、

ニューウェイズの話しが来ました。

 

34歳の時です。

 

妻は、

ネットワークビジネスに対する悪イメージはありませんでした。

 

 

 

妻から

『どうしても聞いて欲しいって言うから、

話しだけでも聞きに行こうよ。

なんかすごいらしいよ』と。

 

真由美は、

僕も15歳くらいから知っている女性。

 

僕の妹の友人でもあり、

妹みたいな目で見ていました。

 

 

 

『真由美がそんなに一生懸命やっているのなら、

話しだけ聞いてやるか』

みたいな気持ちでセミナー会場に行きました。

 

人を集めなくてはいけないということも、

それまでの経験から知っていました。

 

 

 

 

 今までのネットワークビジネスとは違うと思った。

 

そこで聞いた話しは、

今までのネットワークビジネスのイメージを覆すものでした。

 

ギラギラした人が

『儲かってまっせ!』

の自慢話しではなかったのです。

 

世に出回る日用品がいかに危険かの話しでした。

 

 

 

お友達のために、

この情報を早く届けてください!

 

皆さんの大切なお友達のために!

 

と言う内容がメインでした。

 

 

 

参加している方々も、

今までのような『お金が全て』みたいな人種ではありませんでした。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

動物実験を化粧品や日用品のためにやっている聞きました。

僕は動物を出されると弱いです。

 

化粧品・日用品のために動物実験をしているのは、

うっすらと知ってはいました。

 

が、こうして画像を出されると、

『これはなんとかしなくては!!!』という想いが、

溢れ出てしまうのです。

 

 

 

致し方ない動物実験もあると思います。

それによる医学の進歩もあるでしょう。

 

しかし、

やらなくてもいい動物実験もある。

 

 

 

 

 ニューウェイズが世界を救う

 

セミナーから帰ってきて、

僕ら夫婦は興奮しました。

 

『セミナーで話しは聞いてやるけど、聞くだけだよ』

というスタンスが、

180度ひっくりかえりました。

 

『こんな素晴らしい情報をありがとう!』
と、真由美の手を握って握手していました(笑)

 

これがセミナーの力(集団心理の罠)ですね。

真由美弁護。彼女も結果的に、素直に話しを聞いてしまうタイプです。決して僕ら夫婦を、ハメようとしたわけではありません。僕と同じく黒歴史になっています。

 

 

 

それまでも、

地球環境・動物処分のことは気に病んでいました。

 

すぐに登録を決めて、

一番高い登録キットを購入しました。

 

『このニューウェイズが広まれば、

地球環境が良くなる!

無駄に殺される動物も減る!』

 

 

 

僕らは貪るようにニューウェイズ関係の資料を読み、

ニューウェイズ関係の本は全て揃えました。

 

読めば読むほどハマりました。

 

家にあったシャンプー・洗剤は全て捨て、

ニューウェイズ一色に染めました。

 

今でこそ、

スーパーで無添加日用品を見かけるようにはなりましたが、

当時はまったくありませんでした。

 

 

 

『地球環境は良くなり、

動物の虐殺が減り、

おまけにお金も入るなんて!』

 

僕らはまるで、

宝くじにでも当たったような気持ちでした。

 

勧められるサプリメントも全て摂るようになりました。

 

しかし、

そこから泥沼のような生活が始まります…

 

 

 

 

 まったく想定できてなかった活動費

 

僕たちは夫婦で活動していたこともあり、

活動費が2倍。

 

自営業だったので、

ネットワークビジネス活動をすれば、

休まなくてはいけないのも大きかったです。

 

最初のころは、

『仕事なんで』

とセミナーなどは断っていました。

 

が次第に、

『覚悟を決めないと、いつまでも変わらない』

という言葉に、

次第にお店を空けるようになりました(^^;;

 

 

 

当時、活動費とか、

計算もしていませんでした。

 

後からざっくりとですが、

計算してみたら、

とんでもない数字です(^^;;

セミナー代金

交通費

メンバーとの交際費

マッサージ業を休んだ収入減
製品購入代金

の計算です。

 

月1回、東京のセミナー
年間36万円

週1、地元茨城チームの集まり
年間39万6千円

月1、リーダーを地元に呼んでセミナー
年間48万円

年2回、宿泊ビジトレ
年間24万円

アメリカ研修
年間80万円

製品購入
年間84万円

4年間活動してきて、

↑の数字は、

一番多く活動費をかけていた、

やめる最終年くらいの時です。

 

夫婦で年間311万6千円くらいかけました。

4年の活動なので、

トータルではもっといきます。

 

あれ?

余裕で夫婦世界1週旅行に行けるじゃないですか(^^;;

 

 

 

『夜明け前が1番暗い』

という言葉が、

大嫌いになりました(^^;;

 

その言葉にあおられてしまい、

『もう少しで!もう少しで!』

と借金に借金を重ねました。

 

ほんと、アホとしか言いようがなく、

『マルチやばいよね』

と言われしまう典型的なアホマルチ会員。

 

 

 

 娘を授かり、足を洗う決断

 

子供ができなくて悩んでいた僕ら夫婦でもあったので、

ニューウェイズにどハマりすることで、

紛れた部分もあります。

 

本当は途中から『おかしい』と思ってはいました。

『バカなことをしているのでは?』

と疑い始めていても、

引き返せないくらいに時間もお金も投資していました。

 

株投資して、

暴落しているのに、

損切りができないような感覚です。

 

  

 

ついてきてくれた友人にも悪いと思いました。

 

『絶対一緒に夢を掴もうぜ!』

と、肩を組んで騒いでいた友人がいました。

 

横の繋がりで、

仲間もたくさんできていました。

 

悪い言い方すると、

しがらみができてしまいました。

 

 

 

長年不妊だったのに、諦めた時に娘を授かったのです。
それが足を洗うきっかけでした。

※借金だらけでマルチから足を洗って間もないころ

 

 

貯金は全て消え、

借金が250万円ほどになりました。

 

その数字はどんどん増えて、

借りるアテも無くなっていました。

 

マッサージ業の常連さんにも声をかけてしまい、

売り上げはどんどん減ってもいました。

 

 

 

ニューウェイズ活動のために、

マッサージ業をしているという、

なんともおかしな状況になっていました。

 

このままでは、

とても子供なんて養えないと思いました。

もう『未来がない』

 

 

 

 

 抜けるダウンは恩知らず!

 

一番近い地元のリーダーに、

勇気を出して『ビジネス活動はやめる』
旨をメールしました。

 

4年間どっぷり浸かり、

『一緒に夢を掴みましょう!』

何度もハグをした熱いリーダーでした。

 

裏切るようで、

申し訳ない気持ちにはなりました。

 

 


『ニューウェイズ製品は好きなので、会員ではいます。

が、もうビジネス活動はいっさい手を引きます。

 

子供ができたので、

とても活動できません。

 

今までいろいろしてもらったのにスミマセンでした』

 

 

 

残念がるのは想像していましたが、

『そっかぁ〜寂しくなるけど、お子さんのために新たな道、頑張って!』

みたいな返信が来ると思っていました。

 

 

 

びっくりするメールが返信されました。

『この恩知らず!

あなたたちのような恩知らずは、

ろくな親になんか絶対になれません!

 

産まれる子供が可哀想です。

上のリーダー達に謝りさない!』

メールを見て震えました。

 

 

 

不妊で悩んでいたことは言ったことがあり、

親身に聞いてくれていました。

 

妊娠して喜んでくれると思いましたが、

怒りとも悲しみともならない、

震えるメールが来ました。

 

 

 

月に何度も会っていました。

 

4年間、時にはカラオケで大はしゃぎするくらいの仲、

一緒にお酒を酌み交わした仲でした。

 

『仲』だと思っていました。

 

 

 

その頃僕は、

完全にネットワークビジネスの世界にどハマりしていたので、

自分が恩知らずのダメ人間と思い込んでいました。

 

それと同時に、

38歳でやっと授かった娘がいるのに、

これ以上無理だと判断しました。

 

 

 

自分にビジネスセンスはゼロ。

もう無理。

 

少々貧しくても、

慎ましやかに生活することが自分には合っている。

 

 

 

年収1200万円クラスのリーダー。

年収5000万円クラスのリーダー。

年収1億円クラスのリーダー。

 

3人に長文の謝罪メールを送りました。

⚫️面倒かけてもらったのに、
まったく成果を出せなかった謝罪。
 

⚫️お金がもうなくて、
どうしても活動できない謝罪。

 

 

 

どうか穏便に抜けさせて欲しいと思いました。

 

ニューウェイズで借金だらけになり、

これからの生活を立て直さなくてはいけません。

 

それはまるで、

半グレチームから抜けたいと申し出るような気持ちでした。

 

 

 

一番近い地区リーダーの罵倒メール以外は、

何も返信はありませんでした。

 

使えないので、

もう用なしというわけですね(笑)

 

まったく戦力にもなっていなかったし。

 

まったく成果を出せないダウンだったので、

どうでもいい存在だったのだと思います。

 

『あれ?誰?』くらいでしょうか。

もしかしたら、

メールさえ読んでないかもしれません。

 

これがネットワークビジネスか…と良い勉強にはなりました。

 

 

 

地球環境が良くなる!

動物実験を無くしたい!

 

から始まったネットワークビジネスですが、

結局は世間が見る

悪ネットワークビジネスにどハマりしていました(笑)

 

恩知らずと言われましたが、

僕が毎月購入することで、

わずかでもコミッションは入っていたはず。

 

 

 

遠方から来てくれたら、

交通費、お土産、飲食代はダウンが折半して出していました。

 

そこに対しての『ありがとうございます』は、

たった一度もありませんでした。

 

最初から最後まで

『アップに感謝ですよね』を、

しつこく強要・洗脳されていました。

 

 

 

僕は現在、

ネットワークビジネス界で1%に入る収入になりました。

 

やっと昔の経験や、

当時のアップにお礼が言えます。

いや、言わないですけど(笑)

 

あなたがたがしてきたことの、

真逆をやれば成功できる。

 

あの頃のリーダーさん、

罵倒したアップさん。

 

もうニューウェイズ(現モデア)にはいないようです。

 

 

 

 

 ニューウェイズで学んだこと、その1

 

セミナーや勉強会は、

強制された空気感で参加しても、

まったく意味がない。

 

強制するほうも、

強制されるほうもストレスです。

 

僕は現在、

リーダーとしてセミナー・コンサルを開催しています。

 

途中参加

途中退出

ご自由にどうぞ

というスタンスです。

 

 

 

嫌々参加しても、

お互い時間の無駄です。

 

積極的に未来を変えようとしない限り、

セミナー参加強制しても無駄。

 

僕は空気を読む人間なので、

嫌々聞いている人はすぐ分かります。

 

だったら参加してくれないほうが、

僕は喋りやすいです( ^ω^ )

 

 

 

 

 ニューウェイズで学んだこと、その2

 

頻繁に会う機会を作るとやめにくい。

 

頻繁にセミナー・勉強会をすることでのアップ側のメリット。

 

良く言えば『絆』

悪く言えば『しがらみ』が生まれます。

 

 

 

会う機会がもっと少なければ、

簡単にやめることができたかもしれません。

 

4年も関わらなかったはずです。

 

会う機会が多いと、

ネットワークビジネス内に友人ができてやめにくくなります。

『やめる』とも言いにくくなります。

 

 

 

アップが

『今月ダイヤモンド達成します!』なんて、

集まりでコミットされたあかつきには、

『エイエイオー!!!』みたいな空気になります。

 

そして、応援(ダウンさんが買い込み)しなくていけない空気が溢れます。

 

僕がビジネス開始から掲げている

タイトルは追わないは、

過去の経験から言っています。

 

 

 

『仲間』とか言いますが、

そのネットワークビジネスをやめた途端に離れるような仲間は、

仲間とは言わないです。

 

 

 

僕のグループは、

『おかしい』と思ったら簡単にやめられます。

 

良くも悪くもしがらみがないので、

メンバーさんが冷静に判断できます。

 

僕は過去の経験から、

ダウンさんへの感謝を常に言葉にしています。

 

メンバーさんがいるおかげで、

僕は毎月安定収入入ってきている。

 

この恩は絶対忘れてはいけない。

 

 

 

メンバーさんに感謝を強要するなんて、あり得ません。

 

感謝されたら嬉しいですが、

それは強要することではない。

 

 

 

収入が増えると、崇めてくれるような人が出てきます。

 

底辺の人間だからこそ、

崇められたら気分は悪くないです(笑)

 

しかし、常に身を引き締めています。

 

過去に出会った

『ネットワークビジネス成功者』

と同じにはなりたくないです。

 

 

 

 

 ニューウェイズで学んだこと、その3

 

アップに依存しない。

 

アップに会わせないと、

登録を決められない。

 

セミナー動員しないと決められない。

 

教えてくれないと何もできない。

 

そう思っているうちは、

アップの支配下にあります。

 

 

 

どんなに嫌な成功しているアップでも、

『この人がいないと成果を出せない』

なんて思っていると、

アップのやりたい放題になります。

 

ニューウェイズでは、

セクハラ・不倫もありました。

 

成功者と言われる人は、やりたい放題です。

 

成果を出したい女性は、

ニコニコと身体を提供していたりもしました

(ごく一部ですよ)

 

ほんと、おぞましいです(^^;;

 

 

 

これはニューウェイズだけでなく、

他のネットワークビジネスでもアルアルの世界らしいですね。

 

『成果を出していないあなたが言っても伝わらないから、

自分では絶対に伝えないでアップに繋げなさい』

 

これはアップに依存の形になります。

 

この言葉を言うアップなら要注意です。

 

 

 

僕はメンバーさんに、

なるべく最初から最後までできるようにしています。

 

大袈裟かもしれませんが、

僕が死んでも良いように進めています。

 

もう既に、

僕なんかいなくても、

勝手にビジネスを進められる人は増えています。

 

むしろ、

僕なんかより伸びる人がこれから増えることでしょう。

 

依存はよくありません。

 

 

 

僕は収入ゼロの時から1人で始めました。

 

アップがいてもいなくても、

成功する人は成功するし、

成功しない人は成功しません。

 

関係ないということです。

 

 

 

 

 ニューウェイズで学んだこと、その4

 

仲間がいてもいなくても、

成功する人は成功する。

成功しない人は成功しない。

 

『仲間と切磋琢磨やってこれたから今がある』

という言葉はよく聞かれます。

 

それを全否定はしませんが、

仲間がいれば必ず成功するわけでもありません。

 

もしそうだとしたら、

グループでよく会うネットワークビジネスの方々は、

みんな成果が出ているはずですよね。

 

ネットワークビジネスに関わる99%の人が、

経費引いたら月収5万円以下の収入です。

 

僕はたった1人からスタートしていて成功していますから、

仲間がいるいないは関係ないと証明できます。

 

 

 

 

 ニューウェイズで学んだこと、その5

 

使命感を押し付けると、

カルト宗教にハマった残念な人にしか見えない。

 

『地球環境のため!』
『動物実験を少しでも無くしたい!』
『未来の子供たちのために安全な日用品を!』

 

その気持ちに嘘はありませんでした。

 

今も、

お金のためだけにだったら、

4年9ヶ月、

ほぼ休まずになんてできません。

 

 

 

しかし登録してもらった先に、

僕にわずかだったとしても収入がはいります。

 

お金を後回しにして伝えると、

あまりにも胡散臭い商売にイメージされます。

 

僕が逆の立場で声をかけられたら、

やっぱり胡散臭いと感じたことでしょう。

 

『なんか聖人みたいなこと言っているけど、

結局は金が欲しいんでしょ?』

になるかと思います。

 

 

 

ストレートにまず

『仕事です』と伝えることが大切。

 

仕事=お金のため

と伝えてます。

 

ドテラでは過去の失敗から、

極端すぎるくらい、

収入をメインに話すようになりました。

 

製品力や企業理念などは、

2番目に伝えるようなスタンスです。

 

その結果、今の収入があります。

 

このスタンスで間違いないと思いました。

 

 

 

 

 ニューウェイズは良い会社です

 

ここまで読んでしまったかたは、

ニューウェイズはやばい会社ってイメージしてしまうかもしれません。

 

現モデア、

旧ニューウェイズは良い会社でした。

 

あれから20年、

まだ成長企業としてあります。

 

悪い会社なら、

とっくに淘汰されています。

 

 

 

報酬プランはドテラの方が格段に良いと思いますが、

モデアの企業理念も製品も素晴らしいです。

 

これは他の会社にも言えることですが、

10年以上続くネットワークビジネス会社は悪くありません。

 

悪くするのは、

そこに関わっている人間がしてしまうことです。

 

 

 

 

 僕に連絡をくださいね!

 

 

過去に大きな失敗をしているからこそ、

健全なネットワークビジネスを伝えることができます。

 

55歳という、

アラ還だからこそ、

ギラギラした成功願望もありません。

 

安心して連絡してくれたら嬉しいです。

 

 

 

ドテラという会社を利用し、

僕という人間を利用し、

想像もしなかった未来があなたを待っています。

 

誰でも上手くいくなんて、

怪しいことは言いません。

 

しかし、

なるべく最短距離で、

あなたの輝かしい未来を

創造する手助けはできると自負しています。

 

ドテラムサシグループ事業説明会動画はこちらをクリック。長いので1.5倍速で確認してくださいね。

 

心決まったら、LINEをくださいませ。

 

とりあえず様子見なら、とりあえずメルマガ登録しておいてくださいね!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    佐知子 (水曜日, 22 2月 2023 01:31)

    迷いますね!

  • #2

    青木 早苗 (月曜日, 04 12月 2023 01:59)

    はじめまして。

    ドテラ愛用して4年ほどになり、数名のダウンさんがいます。それぞれが楽しくドテラ製品を愛用しています。

    私のアップラインAさんは、私を含め4人の第一レベルのダウンがいます。(ちなみにAさんはシルバータイトル、Aさんのアップはダイヤモンドタイトルです)

    Aさんとの活動は楽しくもありますが、かなり圧もあるので最近は辛いなと思うことの方が多くなりました。

    そんな頃、Aさんから『第三レベルに移動してほしい』と打診されました。

    Aさん曰く『みんなの収入をより良くするため』なのですが、とても虚しい気持ちでいます。

    2ヶ月ほど色々考えたのですが、 Aさんグループから抜け、
    出来ればムサシグループで活動したいなと思っています。

    また連絡します。