一家の大黒柱としての責任 68

ドテラのネットワークビジネスを始めた理由

動画も宜しくお願いいたします!⬇️

 

手を出しただけでも、友人が警戒するよう言われているネットワークビジネス。

 

なぜ始めたのか?

僕のような立場の人間。

 

家のローンがあり、子供を養う責任もまだまだある。

自分の身体に何かあったら、かなりのダメージです。

 

 

「何か」とは、死ぬことではありません。

ある意味、死んでしまった方が迷惑をかけない場合があります。

 

死んでしまえば、家のローンは免除になります。

母子手当も出るし、死亡保険もおります。

 

病気や怪我などで、仕事ができなくなった場合のことを「何か」と言っているのです。

 

 

僕は年始に大切な親指を大怪我してしまい、その「何か」になりました。

今回は幸い、2ヶ月ほどでどうにか回復しましたが、将来を真剣に考えたのです。

 

「ネットワークビジネスに手を出したと、人から白い目で見られるかも…」

なんて言っていられなくなりました。

 

何にも対策をしていないというのは、一家の大黒柱として無責任だと思ったのです。

 

 

こちらでも書いておりますが、僕と同じ50代の自殺が一番多いと知りました。

 

僕は妻子あり、家のローンも抱えている51歳なので良く分かります。

娘はまだまだこれからお金がかかる12歳です。

 

心が弱くて自殺したばかりではありません。

家族に迷惑をかけたくない!!という気持ちから、命を絶った人もたくさんいるはずです。

 

 

僕はそんなこと、絶対したくありません。

「何か」あってからの前に、何か対策をしなくては…

それを考えた時、僕はドテラのネットワークビジネスだったのです。

女性は女性で、女性なりの大変さがあります。

 

男は男で、どんな状況でもお金を生み続けなくてはいけない大変さがあります。

男はツライよ(笑)

 

あ、ごめんなさい💦

シングルマザーも同じような気持ちかもしれませんね!

ドテラビジネス
中和田收
■こちらも確認お願いします!■