やはりお金持ちは、本を読んでいる 74

お金は悪と善、表裏一体

お金が貯まる人の傾向として、本を良く読んでいるとの調査があります。

今まで4兆円ほどの寄付をしながら、純資産10兆円ものお金持ちウォーレンバフェット氏。

 

マクドナルドとコーラを愛し(株主でもある)、アメリカにおける中流の生活をし続けています。

そんなウォーレンバフェットは、1日の8割は読書に費やしているそうです。

 

あらゆる視点が物事を捉える必要があるので、お金持ちの本の読み方は、偏らない傾向になります。

仕事やお金に全く関係の無さそうの本を読むことによって、発想力がつくのだと思います。

 

成功者の真似をするというセオリーも否めませんが、自分で発想する力を付けることも大切ですね。

しかも調査すると、読む時間というのが決まっている人が多いです。

 

これは、時間管理ができるということ。

現代人は忙しいので、あえて「読む時間」を設ける必要があるかと思います。

 

今はスマホがあるので、少しスマホを覗くだけでも、えらく時間が過ぎてしまいますね。僕も気をつけています💦

私はオセロが大好きなのですが、ついついスマホでオセロをしてしまいます💦

 

でも、脳の切り替えにはいいかな…とも思っています(笑)

言い訳でしょうか(笑)

 

日本語以外の本も読んでいる

これは特にビジネスに特化しているかもしれません。みんながみんなではありませんが、割合的には多いそうです。

これは、特にアメリカなどのマーケティングは、日本より常に先を行っているからです。

 

僕はお恥ずかしい話し、日本語以外は全くできませんので、これには該当しません。

日本語訳の本は読みます。しかし、本当に読みにくいです💦訳のせいにしてはなんですが、とても読みにくい!!!

 

というわけで、読める方は語学を更に磨くことも含めて読まれたら良いかと思います!

僕もですね、これからの更に加速しているネットグローバル社会。

最低でも英語が少しできるといいよな…とは思っています。

 

「これからは中国語だよ」と言っている方も増えていますね。

中国語は、以前勉強したのですが…

本当に難しいです^^;

 

 

繰り返し読んでいる

感銘を受けた本はくり返し読んでいる。何故なら、どんなに良書と言われる本でも、人間は忘れてしまう生き物だからです。本に書き込みや線も多いにします。

 

読んだ後に「売ろう」とかいう発想も悪くはないですし、それは僕もします。

しかし、良書は手元に置いておき、何度でも読み返すといいですね!

 

ネットワークビジネスもビジネス

ネットワークビジネスで被害者になってしまう方々は、往々にしてビジネスの勉強をしてない方ばかりです。

ビジネスなので、ビジネス本を読む必要があります。

 

アップさんが教えてくれることは、どちらかと行ったら「洗脳」です。

いえ、皆んなが皆んなではありませんが、アップさんも、そのアップさんも

「アップの言うことを素直に聞くことが大切」

と言い聞かされています。

 

自社製品を愛することは大切です。

好きでもないものを使い続けることはできないでしょうし、勧めることもできないでしょう。

 

しかし、自社製品を愛することと、洗脳されているのは紙一重です。

 

健全なビジネスをして、健全に収入を得ましょうね!

そのために、アップさんがいう教えばかりでなく、自分でもビジネス書を読みましょう!!

 

ビジネス書を読む人は、ネットワークビジネスは1つのビジネススタイルという認識をしている人が多いです。

もちろん、やるやらないは別の話しです。

 

ビジネス書をきちんと読んでいる人は、友人をターゲットにしたりはしなはずです。

ビジネス書はかなり読んできている僕の感想です。

 

ビジネス書は当たり前ですが、左脳的に書かれています。

このブログも左脳的に書いています。左脳的文章は比較的女性には好かれません(笑)

そんな女性こそ、左脳的文章、このブログは読み続けた方がいいと自負しています(笑)