貧乏体質になる傾向性 76

お金に対しての罪悪感を持っていると貧乏になりやすい

どんなに悪人だとしても、罪悪感というものが存在しています。

この罪悪感というものが、人を犯罪に進ませないブレーキになっています。

 

戦時中、鬼畜米兵をやっつけることは「善」という風潮でありました。

でなければ、人を殺すことに「万歳三唱」なんてできません。

 

お金を沢山得るということは、自分のことばかり考えている。

そう決めつけてしまうと、僕もお金を得ることに罪悪感を感じてしまいます。

 

しかしこの考えは、起業してから大きく変わりました。

周りの人が沢山お金を稼いでくれたら、僕のリラクゼーションサロンに来てくれる頻度が上がる可能性があります。

 

お金の問題で来れない方も多々おります。

本当は月1で来たいのだが、節約してふた月に1回にする。

そうされてしまうと、僕の生活が苦しくなる可能性があるのです。

 

本音で言います。

僕のリラクゼーションサロンは1時間5000円です。

何か副収入があったり、昇級したのなら、僕に5000円投資した方がいいです(ドヤ顔ww)

何故なら、5000円以上の見返りがあるからです。

 

ビジネスをしているのなら、健康が何より大切です。

不健康ですと、お金を生み出す体力がありません。

 

5000円投資したら、5000円以上お金を生み出すアイデアも出てくるはずです。

もちろん、「元気になった分、これをどう活かすか?」という思考も大切ですね😀

 

僕が沢山稼ぐと、友人のカフェにもっと行ける。

うちの卒業生さんの店にも行ける。

 

お祝い事があったら、お金を気にしないで振る舞える。

などなど、自分がお金を手にすれば、そのお金を誰かの生活の為に遣えるわけです。

 

このような考え方なので、お金を遣う時は、「これで誰かの役に立てるかな」を基本的には考えてます。

このようにしていると、お金を稼ぐことに躊躇いは無くなります。

 

僕がお金を稼がなければ、誰にもお金を回すことができません。

お金は愛の循環です。

罪悪感を持つことは、「誰の役にも立つ気がない」とも言えると思うのです😀

 

負けず嫌いは、実は貧乏になりやすい

負けず嫌いは、時として悪い方向に流れることがあります。

お金を稼いだら、どのように遣いたいか?どのような夢が叶えられるか?

 

という視点ではなく、他人より多くお金を持ちたい。

他人より、お金があると見られたい。

この思考が、貧乏体質を生んでしまいます。

●無理をして、ブランド物のバッグを買ったり
●本当はお金がないのに、あるフリをして誘われたランチに行ったり
●子供に不相応な習い事をさせたり
●負けたくないと気持ちが、冷静な判断ができなくなる。その結果、詐欺にひっかかりやすくなる。

 

お金に支配されてしまい、お金の奴隷のように働くハメになります。

 

ネットワークビジネスで結果的にうまくいかない人も、傾向的には負けず嫌いが多いそうです。

●無理をして、沢山稼いでいるフリをするから、見栄を張って無理なことをする。その結果焦り、強引な勧誘をしてしまう。
●Aさんより、早くタイトルを取りたい。
●「ネットワークビジネスをバカにしたあの人を見返してやりたい!」
●「私が頑張ると、のほほんとしているアップが儲かるのが許せない!」

 

お金にだけは、負けず嫌いを持ち込まない方が、貧乏体質から抜け出せます。

お金を得る原動力がマイナス感情ですと、お金から見放されます。

ある、元詐欺師の言葉です。

「負けず嫌いの人は見栄っ張りが多い。見栄をくすぐると騙しやすい」

 

負けず嫌いは、スポーツの世界なら良いかもしれませんね😀

 

真面目過ぎる人は、貧乏になりやすい

真面目過ぎる人は「普通は…」に、こだわり過ぎる傾向があります。

 

そうすると、新しい発想に目を向けることができません。

ネットワークビジネスは、いわゆる「普通」ではありませんね(笑)

 

真面目過ぎる人は、「額に汗してお金はもらうもの」という発想があります。

しかし、もっと真面目に時代の流れを察知すると、その考えは危険です。

 

「額に汗する系」の仕事は、AIの発達により、どんどん無くなる可能性があります。

無くなってから騒ぎますか?

 

もうずっと少子高齢化の問題は言われています。

「普通は…」の発想をしていたら、必ず貧乏体質に向かいます。

 

大博打に出なさい!!というわけではありません。

「普通は…」から脱却しましょう。

 

そもそも、普通なんてものは、単なる多数決による結果でしかありません。

ネットワークビジネスを真剣にやるなんて、普通の人はやりません(笑)

普通はやらないことをするから、普通じゃない生活になる可能性があるのです。

 

我慢体質の人は貧乏になりやすいです。

我慢体質な人は、出すべき場面でお金を出しません。

私立大学に数百万支払っても、社会人になってからのカルチャースクール10万円を出し惜しみします。

 

そのカルチャースクールが、将来的にお金に変わるようなものならば、絶対に投資すべきお金です。

僕のweb集客コンサルティングは年間22万円です。

 

22万円をケチって年間売り上げ22万円にするのか。

投資して実行して240万円にするのか(これは例えばの話しです)

出すべきところで出せない人は、いつまでも貧乏体質です。