経営において重要なのは、セールスライティング 102

経営するのなら、今も昔も大切なのはセールスライティング

僕はネットを通じて売り上げを上げてきました。

 

元々はリラクゼーションサロンから始まりました。

 

「どうしたら来てくれるだろうか?」

 

 

「いらっしゃい!いらっしゃい!」だけで来てくれるのは、友人と家族くらいです。

 

友人と家族をターゲットにした商売は、必ず廃れます。

 

嫌われもします。

 

ネットワークビジネスも、他のあらゆるビジネスも、友人・家族をターゲットにしてはいけません。

 

 

ネットを通じて来てもらうために必要なのは、「セールライティング」ができるかどうかです。

 

セールスレターを書けるようになると、これはあらゆる業種で使えるようになります。

 

僕はリラクゼーション業から始まっているのですが、このセールスライティングを学ぶようになって、他の仕事もできるようになったわけです。

 

どんなに素晴らしい商材・サービスを持っていても、お客様が来なければ意味がありません。

 

 

一生懸命やっていれば、口コミで広がる?は幻想です。経営するというのは、セールス力も含めて努力しなければいけません。

 

どこだって一生懸命やっていて、その上で成果を出している人は、セールスが上手です。

 

例えば、僕はブログなどのヘッダー作成をしております。

 

ヘッダー作成を始めて1ヶ月もしないで仕事受注できました。

 

 

こんなことは言ったらいけないのかもしれませんが、僕より安価で質の高いヘッダーを作成している人もいるかと思います。

 

でも僕は既に多くの受注があります。

 

何故なら、セールスライティングを勉強してきたからだと思います。

 

 

ネット上でも、活字の裏の「想い」は伝わる

セールスライティングを勉強する前に必要なことがあります。

 

それは、セールス脳を作るということ。なりきるということ。

 

 

そもそも人は、売り込まれるのが嫌な生き物です。

 

セールスライティングをしているつもりなのに、全く成果に繋がらない人がいます。

 

ライティング講座に多額のお金を支払い、言われた通りの雛形通りに書いているつもり。

 

なのに成果に繋がらない…

 

これは何がいけないのでしょうか?

 

 

それは…

 

売り込むことがいけないことだと、潜在的に感じている。

 

僕はセラピストという肩書きもあるので、スピ的な発言になります。

 

「想い」というものは、ネットの活字からでも伝わるものなのです。

 

これは15年、ネットで発信し続けた結果、感じたことです。

 

 

潜在的に「セールスしている自分って、ガメツイんじゃないか?」「ガメツイと思われてんじゃないか?」「自分だってセールスされたら鬱陶しい」

 

このような想いを抱えながら雛形通りにセールスしても、不思議と伝わるものなのです。

 

これはもう不思議としか言いようがありません。

 

「想い」が伝わってしまった経験

リラクゼーション業というのは、疲れている人、不調な人がいて成り立っている。

 

このようにずっと思ってきました。

 

このように思いながらセールスしていると、なかなか成果に繋がりませんでした。

 

何故なら

 

なるべく多くの人に疲れていて欲しい。

 

なるべく多くの人に不調であって欲しい。

 

こういうことでしょ?

 

と、自分にツッコむようになりました。

 

疲れている人・不調の人だらけで繁盛する商売ってどうなの?

 

 

それでも家族を養わなければいけません。

 

矛盾を感じながらも、セールスするのですが成果に繋がりませんでした。

 

 

しかしたくさん健康関連の本を読むうちに思考が変わりました。

 

「少しでも健康で長生きするために、身体のメンテナンスは定期的にした方がいい。何故なら、どうしたって人間は老いてくるから。その老いのスピードを遅らせることが自分の仕事。少しでも病気にならない身体作りのお手伝いの仕事」

 

このように思考を変えることができました。

 

 

そうすると成果が変わりました。

 

心の底から

「僕の腕に定期的にかかっていたら、健康寿命が10年は伸びる」

そう思えるようになりました。

 

10年伸びる?本当なの?

 

って言われても保証も証明もできないことです。

 

それでも、そう思い込めるようになりました。

 

 

1ヶ月5000円で健康寿命が10年伸びるのなら、行った方がいいに決まっている!!

↑もちろんこれは僕の想いであって、人がどう捉えるかは別の話しです。

 

ここで言いたいのは、まずは自分が自分の仕事に、心の底から「必要なこと」と思えること。

 

それが思えないと、どんなにセールスライティングを学んでも、なかなか成果に繋がりません。

 

セールス上手になるという事は、世界平和に繋がっている

 

セールスすることは良いことです。これも心の底から感じて欲しいです。

 

セールスが下手なら、あなたにはお金が入ってきません。

 

あなたにお金が入らなければ、あらゆることを節約しなければいけません。

 

 

節約したら、世の中にお金が回らなくなります。

 

世の中にお金が回らなければ、日本経済は落ちていきます。

 

日本経済が落ちていったら、お付き合いのある諸外国も落ちていきます。

 

グローバルに見たら、みんながみんな節約したら世界恐慌になるわけです。

 

世界恐慌になったらどうでしょうか?

 

世界中の犯罪が増えます。

 

 

極論に聞こえるかもしれませんが、これが真実です。

 

セールスが下手でお金が入って来なければ、困るのはあなただけでないということです。

 

お金を得て、お金を使うということは、世界平和にも繋がっているのです。

 

これは本当なんですよ。

 

 

日本は中国・韓国と感情論ではぶつかっていますが、戦争に繋がらない理由の1つはお金です。

 

輸出入などで繋がっている関係で、戦争になったらお互い経済破綻するからです。

 

お金が一線を超えない防波堤になっているのです。

 

 

大きな話しになりましたが、セールスライティングをきちんと学んでお金を得る事は、世界平和に繋がっているのです。

 

どんどんセールスしましょう!

 

 

まとめ

●心の底から、自分の仕事は社会にとって必要なことと思う。

 

●心の底から思えない事は、見えない想いとして届いてしまう。

 

●セールス上手になってお金を稼ぐ事は、世界平和運動でもあります。




自己紹介 

●中和田收(なかわだおさむ)

●茨城県在住

●1968年10月15日生まれ

●2004年・リラクゼーションサロン・グリンブルー開業・現在web集客コンサルティング・web集客代行業・webデザイン業・セミナー講師などをしております。2019年より、避けていたドテラビジネスを本格的に開始。

ドテラ製品購入はこちらから。製品カタログが欲しい方は送ります。

下のLINEからご連絡くださいね😀

https://www.mydoterra.com/osamunakawada/#/

中和田收プライベート・健康関連ブログ

https://www.nakawada.online/samublog2/

中和田收Facebook

https://www.facebook.com/osamu.nakawada

中和田收youtube

https://www.youtube.com/channel/UC0DpP26gn4XJ1_MhxmmUtLw/videos?view_as=subscriber

少しでも興味湧きましたらLINE@登録宜しくお願い致します。しつこい勧誘などしませんのでご安心くださいね😀

友だち追加